現在地
ホーム>知る・楽しむ>交通安全のとびら>事故発生時の緊急措置
事故発生時の緊急措置

交通事故は予期せぬ状況で発生するものです。

万一交通事故が発生したときのために、
とるべき措置を確認しておきましょう。

緊急措置1
ケガ人を救護する

ケガ人がいる場合は、最優先で救護します。応急手当をする、または必要に応じて救急車を手配します。

救急車を呼ぶ場合/119番に電話して、救急車を呼びます。火事と救急の種別を聞かれるので、「救急です」と伝えてください。
緊急措置2
車を安全な場所へ移動する

後続車などによる二次災害を生じさせないために、可能な限り車を安全な場所へ移動させ、ハザードランプを点灯する、発煙筒・停止表示器材を置くなどの危険回避措置をとります。事故当事者を含む全ての人も、場所を移動するなどして安全を確保します。

緊急措置3
警察に連絡する

事故の大小にかかわらず、警察に連絡します。ケガ人がいる場合は人身事故での届け出が必要になるので、その旨を伝えます。

警察に連絡する場合/110番に電話して、警察に連絡します。事件と事故の種別を聞かれるので、「事故です」と伝えてください。
緊急措置4
相手の方を確認する

加害事故、被害事故にかかわらず、相手の方の氏名などを確認します。免許証などで確認してください。

確認する項目
必ず確認する項目
  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 車両の登録番号
さらに確認できるとよい項目
  • 車名
  • 車両の色
  • 車両の損傷場所
  • ケガの有無(同乗者を含む)
  • 保険会社/証券番号
その場で示談してはいけません/損害賠償に関する約束などの示談行為は、絶対に行ってはいけません。書面、口頭などいかなる方法でも応じてはいけません。示談交渉は保険会社が行います。
緊急措置5
目撃者を確認する

事故を目撃した方がいる場合は、氏名、連絡先を確認し、後日お話を伺えるようにします。

確認する項目
  • 氏名
  • 連絡先
緊急措置6
ご契約の代理店または
三井住友海上へ連絡する

事故現場での対応が落ち着いたら、自動車保険の代理店または当社へのご連絡をお願いします。お客さまに過失がない場合でも、保険金をお支払いできる場合がございます。

自動車保険の事故のご連絡<24時間・365日体制>
三井住友海上
事故受付センター
0120-258-365
無料
IP電話など、フリーダイヤルをご利用いただけない場合は、以下の電話番号にご連絡をお願いいたします。
0476-31-3643(通話料有料)
事故・故障によるレッカー手配などのご連絡<24時間・365日体制>
おクルマQQ隊
0120-096-991
無料
IP電話など、フリーダイヤルをご利用いただけない場合は、以下の電話番号にご連絡をお願いいたします。
050-3786-3991(通話料有料)
お客さまWebサービス

ご登録いただくと、事故が発生した際に、契約内容のご確認や事故のご報告、事故対応の経過確認、画像送信などがスムーズに行えます。あらかじめご登録いただくと、万一のときにも安心です。

三井住友海上 担当者より
お気持ちに寄り添い、親身になってお話します

お客さまよりお電話で事故のご連絡をいただきましたら、事故が発生した際の状況についてお聞きいたします。その際、お客さまのお言葉はもちろん、声の表情や周りの音にもしっかりと耳を傾けながら、お客さまの状況やお気持ちに寄り添うよう努めています。突然の出来事ですので、気が動転したり、うまく説明できないと焦ったりされるかもしれませんが、私どもが親身になって対応いたしますので安心してお電話いただければと思います。

保険金お支払センター
関 恵理子
自動車事故はどれぐらい起きている?/自動車事故の発生状況
ちょっとした工夫で事故は防げる/安全運転のアドバイス
Twitter Facebook LINE

ページの先頭へ