現在地
ホーム>知る・楽しむ>交通安全のとびら>あおり運転回避策
あおり運転回避策

あおり運転などの危険な運転にあわないために、
そしてもしもあってしまったときどう行動すればよいのか――。

「赤ずきん劇場」にてお届けします。

あおり運転とは、前方の車との車間距離を詰めたり、周囲の車を威嚇、挑発したりする危険な運転です。あおり運転と同種の悪質、危険な運転も、車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反などの道路交通法違反のほか、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)や刑法の暴行罪に該当することがあります。

回避策1/危険運転に遭遇しないためにできること回避策1/危険運転に遭遇しないためにできること

あおり運転などの危険運転は、その運転者に問題があることがほとんどです。

しかし、標的にならないためには、思いやりを持ったゆずり合いの運転を心がけることが必要です。

  • 1常に周りの車の動きに注意する
  •  
  • 2安全な速度で走行する
  • 3十分な車間距離を保つ
  •  
  • 4不必要な進路変更や追い越しはしない
    走行車線を走行できる場合は、追い越し車線は走行しない
  • 5危険な運転をしている車がいたら、
    距離をとる
  •  
  • 6後続車が急いでいるようであれば、
    道を譲る
  • 7危険を知らせる以外に
    クラクションを鳴らさない
  •  
  • 8ドライブレコーダーならびにドラレコ設置を知らせるステッカーを設置する
回避策2/もしも、危険運転に遭遇してしまったら回避策2/もしも、危険運転に遭遇してしまったら

危険な運転者に追われるとあわててしまいますが、なるべく落ち着いて行動するよう心がけましょう。

危険な運転は道路交通法違反ですので、ためらうことなく警察に電話してください。

1交通事故にあわない、ひと目のある場所で停車する
一般道の場合
コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、警察署、消防署など
高速道路の場合
サービスエリア、パーキングエリア、料金所など
  • 2停車できない状況であれば、
    速度を落とす
  •  
  • 3ドライブレコーダーで録画する
    (任意で録画するタイプの場合)
  • 4窓、ドアの鍵をロックする
  •  
  • 5警察に連絡する
  • 6平然とした態度で、
    警察が到着するまで車内で待つ
  •  
  •  
ドライブレコーダーって必要?
ドライブレコーダーの設置は、危険な運転との遭遇を抑制する効果が期待できます。さらに、もしも危険な運転により事故が発生したときには、記録した映像が証拠として有効な場合があります。さらにリアカメラを設置するなどして、前方だけでなく後方も撮影できるとなおよいでしょう。
監修
山梨大学 教授 伊藤 安海先生
1996~2006年、警察庁科学警察研究所にて研究員。現在、現職のほか国立長寿医療研究センター客員研究員も務め、高齢ドライバー運転診断・リハビリシステムの開発などを研究。
三井住友海上 担当者より
ドライブレコーダー付き自動車保険なら、
危険な運転に遭遇したときも安心です

ドライブレコーダーの録画機能に、保険会社ならではのサービスを付加した『GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)』※1は、万一の事故のとき専用安否確認デスクに位置情報などが送信されるとともに、ドライブレコーダーで録画した映像が当社に送信され、その後の事故対応などに活用されます。さらに、専用リアカメラ※2を別途ご購入いただくと、前方に加えて後方の映像も録画することができ、警察への状況説明にも活用できます※3

自動車保険部
会場 理晶
※1
「ドライブレコーダーによる事故発生の通知等に関する特約」がセットされた家庭用自動車総合保険の略称です。
※2
専用リアカメラをご購入される前に「専用リアカメラご購入にあたっての注意事項」を必ずご確認ください。
※3
録画映像は、使用中のSDカードの容量が上限に達すると上書きされるため、必要に応じてパソコンへの上書きやSDカードの差し替えなどを行っていただく必要があります。
GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)
運転中、心にゆとりを持てていますか?/セルフコントロール診断
Twitter Facebook LINE

ページの先頭へ