当社のドライブレコーダーのデータをAIが分析し、広域な路面状態をクラウド上で一元管理することで、道路の点検・管理業務を効率化するサービスです。

『ドラレコ・ロードマネージャー』サービス紹介動画

サービス概要・機能

  • 対象者
    自治体様および自治体様から道路点検業務を受託している事業者様等

  • サービス内容
    • 当社のドライブレコーダーからデータを収集しAI分析を行うことで、道路の損傷個所を自動的に検出します。民間企業様の営業車両や自治体様の公用車など、様々な車両に設置されたドラレコデータを連携することによって、広域な路面状態の自動的な把握が可能です。
    • AIが検出した損傷個所はマップ上で「見える化」され、クラウド上で一元管理することができます。従来のような点検走行や目視確認を行うことなく、路面状態の迅速な把握や道路点検・管理業務の効率化が可能になります。

地図上での損傷個所表示

地図上のピンをクリックすると、ドラレコで撮影した損傷の状態(写真)を確認できます。

路線ごとの損傷評価

路線毎の損傷数をカウントし、色分けして表示することで損傷の程度を可視化できます。従来のように職員の土地勘や経験に頼らなくても、損傷数や過去の修繕実績に基づき路線評価が行えるため、客観的なデータに基づく最適な修繕計画立案が可能です。

損傷レポートの作成

検出した損傷個所を選択するだけで、簡単に帳票(レポート)を出力・印刷することができます。

検出可能な損傷

  • ポットホール
  • 縦線状ひび割れ
  • 白線のかすれ
  • 亀甲状ひび割れ

導入効果

本サービスを通じて、①道路管理業務の工数・コスト削減による生産性向上、②道路品質の保全業務の最適化をご支援するとともに、DXによる効率化によって安心・安全な街づくりへの貢献を目指します。

リリース

本サービスに関する問い合わせ窓口

三井住友海上 
ビジネスイノベーション部