2016年4月1日付けで、取締役社長に就任いたしました原典之でございます。

平素より三井住友海上をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

当社は、MS&ADインシュアランス グループの中核事業会社として、「グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えること」を経営理念として掲げ、4ヵ年にわたる中期経営計画「Next Challenge 2017」のもと、その実現に向けて邁進しております。

2016年度から始まりました中期経営計画の後半2年間は「飛躍の実現期間」と位置付けており、自動運転や再生医療等の産業構造の変化に対応した商品・サービスの開発を進めるとともに、情報通信技術(ICT)の活用に取り組み、お客さまサービス・利便性の向上に努めてまいります。

2016年2月の英国の保険持株会社Amlin社の買収により、当社の海外事業は大きく拡大しました。今後は、MS Amlin社の持つノウハウを活かして、さらなるレベルアップを図り、日本国内、そして世界のお客さまから信頼され、選ばれる保険会社を目指します。

三井住友海上は、MS&ADインシュアランス グループの一員として、今後も「世界トップ水準の保険・金融グループ」の創造に向けて邁進するとともに、国民生活と経済を支える損害保険事業の担い手として、社会に貢献してまいる所存です。

引き続き皆さまのご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

以上

三井住友海上火災保険株式会社

取締役社長 原 典之