三井住友海上火災保険株式会社の沿革

三井住友海上火災保険(株)は、2001年10月に、三井海上火災保険(株)と住友海上火災保険(株)の合併により誕生しました。
2008年4月には、グループ全体のより高度な事業多角化を目的に、持株会社体制へと移行しました。2010年4月には、三井住友海上グループ、あいおい損害保険(株)、ニッセイ同和損害保険(株)が経営統合し、「MS&ADインシュアランス グループ」が発足しました。

三井海上の沿革・歴史

詳細

住友海上の沿革・歴史

詳細

年表

  1. 2001年(平成13年)10月

    三井住友海上火災保険株式会社発足
    三井住友海上きらめき生命保険株式会社設立

  2. 11月

    三井・住友金融4社による全面提携実施(当社・三井生命・住友生命・三井住友銀行)

  3. 2002年(平成14年)1月

    米国持株会社(Mitsui Sumitomo Insurance Group Holdings(USA),Inc.)設立

  4. 4月

    資産評価会社(アメリカン・アプレーザル・ジャパン株式会社)設立

  5. 9月

    韓国支店(ソウル)開設(日系損保初)

  6. 10月

    変額年金生保会社「三井住友海上シティインシュアランス生命保険株式会社」営業開始

  7. 12月

    三井住友アセットマネジメント株式会社設立(三井・住友金融4社合弁による資産運用会社)

  8. 2003年(平成15年)4月

    インド合弁会社(Cholamandalam-MS General Insurance Company Limited)設立

  9. 2004年(平成16年)2月

    中国ローカル市場に参入(ローカル物件の引受業務認可取得)

  10. タイのバンコクライフ社に出資、アジアにおける初の生保事業進出

  11. 4月

    カンボジアのアジア・インシュアランス社に出資、アセアン地域における営業網が完成

  12. 5月

    東海東京証券と業務・資本提携を実施

  13. 9月

    英国アヴィヴァ社のアジア損保事業を買収

  14. 2005年(平成17年)9月

    台湾の明台社を買収

  15. 10月

    三井住友海上シティ生命、合弁相手の変更により「三井住友海上メットライフ生命保険株式会社」に社名変更

  16. 2007年(平成19年)3月

    三井ダイレクト損害保険株式会社を子会社化

  17. 2008年(平成20年)4月

    三井住友海上グループホールディングス株式会社を設立し、子会社となる

  18. 7月

    三井住友海上グループホールディングス株式会社が、三井住友海上きらめき生命保険株式会社、三井住友海上メットライフ生命保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社の3社を直接出資子会社化

  19. 2010年(平成22年)4月

    中国の信泰人寿社に出資、中国における初の生保事業進出

  20. 三井住友海上グループ、あいおい損害保険株式会社、ニッセイ同和損害保険株式会社が経営統合し、「MS&ADインシュアランス グループ」が発足

  21. 10月

    マレーシアのホンレオングループと損保・生保事業で包括提携、マレーシアにおける初の生保事業進出

  22. 2011年(平成23年)4月

    ホンレオングループのタカフル事業へ資本参加、初のタカフル事業進出

  23. 7月

    インドネシアのシナールマス生命社に出資、インドネシアにおける初の生保事業進出

  24. 2012年(平成24年)6月

    インドのマックス・ニューヨーク生命社に出資、インドにおける初の生保事業進出

  25. 2013年(平成25年)9月

    MS&ADインシュアランス グループの機能別再編に合意

  26. 10月

    本店を東京都千代田区神田駿河台へ移転

  27. 2015年(平成27年)7月

    スリランカのセリンコ・インシュアランス社に出資、スリランカにおける初の生保・損保事業進出

  28. 2016年(平成28年)2月

    英国のアムリン社を買収