緑化取組がめざすもの

駿河台ビル・新館は、江戸時代には武家屋敷が建ち並び、今は大学の町となった東京都千代田区神田駿河台に立地しています。
1984年の駿河台ビル竣工当時から、都心の本社ビルのあり方として、「周辺環境との調和」を理念の一つとして掲げ、既存樹の活用や高木の植栽に耐えられる構造を供えた屋上庭園の築造など、企業の緑化取組の先駆けとして、外部からも高い評価をいただいています。
駿河台新館の緑地管理および駿河台ビル改修にあたっては、これらの理念や歴史を引き継ぎ、新しい技術を用いた緑化や地域の生物多様性に配慮した緑化など、「緑のもつ力」を最大限表現することを目指し、取り組みを進めています。

緑地面積率

駿河台ビル 駿河台新館
竣工 1984年3月 2012年2月
敷地面積 11,970m² 5,417m²
建築面積 5,471m² 2,988m²
屋上緑化施設面積 2,481m² 641m²
地上部の緑化面積 3,037m² 1,020m²
緑化面積率 46% 31%

駿河台ビル 屋上庭園のプロフィール

駿河台ビルの低層階にある屋上庭園は、1984年の竣工当初に築造されました。2001年には地域の生態系に配慮した緑地管理を目指し、繁茂した常緑樹の緑量を一部減らすなど改修を行い、その結果、鳥や昆虫などいきものが多く見られるようになりました。
また、緑地部分は幹線道路や周辺のビルの屋上よりも表面温度が低く、ヒートアイランド現象の緩和にも一役かっています。
2012年からの改修工事により、さらに生物多様性に配慮した庭園にリニューアルしました。常緑樹中心に植えられていた緑地に新たに落葉樹や果樹を導入し、野鳥の水浴び場となるバードバスを設置しました。また小さな田んぼをつくり、水辺に生息する昆虫類も誘引しています。

見学のご案内

2013年10月21日から、地上からの直通エレベーターが設置され、自由に見学できます。

開場時間:
4月~10月 平日 10:00~17:00
11月~3月 平日 10:00~16:00

菜園コーナー

近隣の住民の方に開放し、ナス、トマト、ネギ、ピーマンなど思い思いに野菜や花の栽培を楽しんでいただいています。

  • 区画面積:約6m²×25区画
  • 2016年度、2017年度の利用者募集は終了しました。

土壌の構成

屋上緑化の土壌の厚さは、高木のある部分が1.5m、低木の部分が0.6m、平均で1mあります。土壌の団粒構造を長期間維持し続けるために、富士砂と黒ぼくを3:7で混合し、容量の10%のバーク系堆肥を混入するといった設計のおかげで、現在でも通気性、透水性などまったく問題がない状態です。そのため、植栽はほとんど雨水だけで育っており、またここに降った雨の残りは、中水としてトイレなどに利用しています。この土壌を支えるために建物側は、平均耐荷重2,000kg/m²あります。

受賞歴

  1. 1993年
    都市景観賞(千代田区長)
  2. 2001年
    緑化功労賞(国土交通大臣)
  3. 2004年
    屋上緑化大賞(環境大臣)
  4. 2005年
    SEGES(都市緑化基金:当時)Excellent Stage3認証
  5. 2010年
    「生物多様性につながる企業のみどり100選」(都市緑化基金:当時)認定
  6. 2012年
    SEGES(都市緑化機構)最高位のSuperlative Stage(スパラティブ・ステージ)認定

駿河台新館のさまざまな緑化取組

ECOM駿河台前庭広場

ECOM駿河台の前庭広場の植栽は、野鳥や蝶にとって食べものとなる実、蜜、虫などが採れる樹種や、薬剤散布が不要な樹種など、いきものと人に配慮したものとなっています。
また、開花時期が連続するように花木や草花を選ぶことで、長期に渡って野鳥や蝶の蜜源を確保しています。

ECOM駿河台とは

駿河台新館オープンに伴い敷地内に誕生した、地域に開かれた環境コミュニケーションスペースです。

レインガーデン

舗装面などに降った雨水を植栽土壌を通して浄化・地下浸透させるシステムです。日常はガーデンとして、降雨時には雨水一時貯留槽・浸透施設として機能し、都市型水害の低減効果が期待できます。

壁面緑化

駿河台新館敷地北側壁面の一部区画では、壁面緑化に適合する植物を見極める実験を行っています。

街路樹

周辺地域・行政と連携して、ビル周辺の環境整備を行っています。駿河台ビル建設時からある既存の特殊街路樹などの貴重な緑資源は保存しながら、生物多様性の観点に配慮して、蝶や鳥を呼ぶ樹木を選んでいます。これにより、不忍池~湯島聖堂~皇居までの広域的な生態系形成を図っていこうとするものです。