お客さまにご用意いただく書類

共通必要書類

保険金請求書 原則として保険金請求者は被保険者=事故を起こされた方です。
未成年者が事故を起こされた場合は、親権者の方のご請求となります。
事故発生状況報告書 事故の概略を簡潔にまとめた報告書です。
ただし、項目を満たしていれば、別書式で作成いただいても差し支えありません。
印鑑証明書・法人代表者資格証明 保険金請求額が500万円を超える場合、または当社が提出をお願いした場合にご提出ください。
この場合、保険金請求書等の押印欄には印鑑証明書と同じ印影の印をご押印ください。

当社が相手の方および相手の方の関係先から取り付ける書類

次の書類は、当社が相手の方および相手の方の関係先から取付します。

共通必要書類

示談書 相手の方と示談が成立したときに作成します。
同一のものを3枚作成し、加害者・被害者がそれぞれ1枚ずつ保管、1枚を保険会社が保険金支払いのために使用します。

対人事故

診断書 医療機関での治療内容の確認を行います。
治療費を算定する資料 治療費領収書(医療機関の領収書、診療報酬明細書)
治療関係費を算定する資料
(関係機関が発行する領収書)
治療に付随する入院の諸費用や通院の交通費について実際に発生した費用のうち、合理的な額が対象となります。
同意書 おケガをされた方の傷害の程度、妥当な治療期間・休業期間を当社にて確認するために必要となります。
休業損害証明書もしくは確定申告書写など収入の減少を証明する資料 減少した収入額を確認、算定するために必要となります。

対物事故

被害物の写真 被害物の損傷状況を確認します。
修理見積書 修理内容・部品材料の数量・単価等の詳細な内訳を確認します。
被害物の購入日・金額 被害物の購入価格、購入年月日、購入先を確認します。
  • 保険の種目や事故の内容により、その他の書類の提出をお願いすることがあります。

お気軽にお問い合わせください