企業が語るいきものがたりPart10
サスティナブルな未来のために企業が果たす生物多様性保全
~COP13から2020, そして2030年を見据え~

2017年3月7日(火)、当社駿河台ビルにおいて「企業が語るいきものがたりpart10」を開催し、企業のCSR・環境部門担当者を中心に226名が参加しました。このシンポジウムは、企業が生物多様性の取組を推進するための情報提供の機会として、2007年度から毎年開催しているもので、今回が10回目となります。環境省、東京都、千代田区ならびに経団連自然保護協議会の後援、また生物多様性の保全に積極的に取り組む企業ネットワーク「企業と生物多様性イニシアティブ(略称:JBIB)」ならびにインターリスク総研の協力のもと開催しました。

  • 主催者挨拶
  • 第1部全体会の様子

東京オリンピック・パラリンピックの開催年で、愛知目標のターゲットイヤーでもある2020年と、その10年後の2030年に向けた生物多様性保全の取り組みに関する基調講演のほか、自然資本やグリーンエコノミー、グリーンレジリエンスをはじめ、企業の関心が高いテーマについてパネルディスカッションが行われました。

第一部では、「行政・経営トップの立場から、生物多様性保全と新たな価値創造に向けた取り組みについて」というタイトルの下、行政の立場から環境省 自然環境計画課長 奥田直久氏に、また、企業経営の立場から、森ビル 副社長 森浩生氏、花王 執行役員 田中秀輝氏に講演いただきました。

第二部では、企業の関心が高い3つのテーマを設定、「次世代の価値を創造する自然資本」、「グリーンエコノミーを支える都市のあり方」、「グリーンレジリエンス」について、有識者や先進取組企業の事例発表と意見交換を行いました。第三部では、第二部の各分科会のまとめを行いました。

生物多様性保全は、これまで以上に喫緊の課題となってきており、参加された皆様に有益な情報を提供できたものと考えています。

第一部

行政・経営トップの立場から、生物多様性保全と新たな価値創造に向けた取り組みについて

行政の立場から

  • COP13の成果・課題も踏まえ、行政としてどう取り組み、企業に何を期待するか
環境省 自然環境計画課長
奥田 直久氏

企業経営の立場から

  • 東京の価値を高める緑地創造 ~都市開発の観点も含めた土地利用について~
森ビル 取締役副社長執行役員
森 浩生氏

  • 持続可能で責任ある原材料調達 ~パーム油、紙、パルプ~
花王 執行役員
田中 秀輝氏

第二部 企業の具体的な取組に関する分科会

分科会1

次世代の価値を創造する自然資本

内容概要
自然の恵みが原料として重要であることは、誰もが理解していると思いますが、真の自然資本の価値はそれに留まりません。今後、自然資本を正しく活用することで、企業や地域がいかに新しい価値を生み出す可能性があるのか、そういった未来に向けての議論をしました。
  • コーディネーター・足立 直樹氏(レスポンスアビリティ 代表取締役)
  • パネリスト・牧 大介氏(エーゼロ 代表取締役)
  • パネリスト・浦嶋 裕子氏(MS&AD インシュアランスグループ CSR推進室 課長)
  • パネリスト・飯塚 優子氏(住友林業 CSR推進室長)
  • パネリスト・長澤 誠氏(フルッタフルッタ 代表取締役・社長執行役員 CEO)
配布資料

分科会2

グリーンエコノミーを支える都市のあり方

内容概要
「企業に選ばれる都市、生活者に選ばれる街」というサブタイトルのもとで、自然資本の保全と循環型経済の実現により、都市の価値を向上させる世界的な競争の中で、日本と東京がいかにしてそれを実践・発信すべきかを議論しました。
  • コーディネーター・平松 宏城氏(ヴォンエルフ 代表取締役)
  • パネリスト・町田 誠氏(国土交通省 公園緑地・景観課長)
  • パネリスト・三輪 隆氏(竹中工務店 経営企画室 専門役 兼 JBIB土地利用WGリーダー)
  • パネリスト・河口 真理子氏(大和総研 調査本部 主席研究員)
  • パネリスト・村山 顕人氏(東京大学大学院 准教授)
  • パネリスト・似内 志朗氏(日本郵政グループ 不動産企画部長)
配布資料

分科会3

グリーンレジリエンス

内容概要
グリーンレジリエンス(自然資本を活用した防災・減災および地方創生・地域創生)を社会に実装し、安心・安全で持続可能な地域づくりを推進するための「産官学金労言」の連携について議論しました。
  • コーディネーター・原口 真氏(インターリスク総研 マネジャー・上席コンサルタント)
  • パネリスト・中静 透氏(東北大学 生命科学研究科 教授)
  • パネリスト・岡野 隆宏氏(環境省自然環境局自然環境計画課 保全再生調整官)
  • パネリスト・木俣 知大氏(国土緑化推進機構 政策企画部 課長)
  • パネリスト・鈴木 諭氏(鈴三材木店 代表取締役)
  • パネリスト・能勢 泰祐氏(積水化学工業 CSR推進部 環境経営グループ 兼 JBIB水と生態系WGリーダー)
配布資料

第三部 分科会まとめ

コーディネーター

足立 直樹氏(レスポンスアビリティ 代表取締役)

パネリスト

  • 分科会2コーディネーター・平松 宏城氏(ヴォンエルフ 代表取締役)
  • 分科会3コーディネーター・原口 真氏(インターリスク総研 マネージャー 兼 上席コンサルタント)
  • 足立氏
  • 平松氏
  • 原口氏