雨の日や、雪の日は路面が滑りやすく、視界も悪くなるなど車の運転には悪条件が重なります。
荒天時の危険を認識し、安全運転につなげましょう。

雨のとき 事故率は晴天時の約5倍!

降り始めには特に注意!

  • 停まりにくい

雨のときは路面が滑りやすくなるものですが、実は降り始めが特に危険。乾燥した道路に雨が降ると、泥やほこりが雨と混ざり合い、まるで油を引いたような状態になり、非常に滑りやすくなります。
道路が滑りやすいと、乾燥した時よりも車の停止距離が長くなるので、スピードの出しすぎは厳禁。車間距離を十分にとって、落ち着いた運転をすることが大切です。

運転ポイント

スピードを抑え、車間距離を十分に確保する。
(追越しなどのスピードを出す行為は避ける!)

雨粒の目隠し

  • 視界が悪い

雨が激しく降れば降るほど、フロントガラスやサイドミラーにたくさんの雨粒が叩きつけられ、周囲の様子が把握しにくくなります。こんな時は、安全確認をしているつもりでも注意が不足しがち。ワイパーの速度をこまめに調整して視界の確保に努めるなど、いつも以上に注意が必要です。
特に注意したいのはバック時。慎重に後方を確認し、いつでも停止できる速度で操作しましょう。

運転ポイント

バック時は、慎重に後方を確認し、いつでも停止できる速度で操作する。

飛び出し注意

  • 危険に遭遇

外出時の急な雨。もしも歩行中に傘を持っていなかったら…。ついつい先を急いでしまいがちです。降り始めはこうした理由で先を急ぐ人がいますので、思わぬところから歩行者や自転車の急な飛び出しがあるかもしれません。
こんな時は、ライトをつけて車の存在を通行人に知らせる等の工夫をしましょう。

運転ポイント

ライトをつけて車の存在を通行人に知らせる。

強風のとき

横風に要注意

  • ハンドルがとられる

強風時には、前からの風よりも横からの風が危険です。横風を受けた衝撃で慌ててハンドルを切ったために事故につながる恐れがあります。
高速道路や谷にかかった橋上を走行中、トンネル通過直後等では、突風による衝撃を受けやすいので、ハンドルをしっかり握って冷静に対処しましょう。

大型車を追い越さない

  • ハンドルがとられる

強い風が吹いているときは、横風に耐えるためハンドルを強く握る必要があります。
しかし、大型車を追い越す時は要注意! 大型車の陰に入ると、急に風がなくなるために自分の車が大型車の方に引き寄せられるような状態に。
追い越した直後も、再度強い横風を受けてハンドルをとられます。
難しいハンドル操作を避けるためにも、強風時は大型車の追越しを避けることが大切です。

運転ポイント

ハンドルをしっかりと握る。
横風が強くなりやすい場所・場面では、衝撃に備えるとともに、慌ててハンドルを切らないようにする。

雪のとき 雪に不慣れな地域の事故率は約4.6倍!

冬季の路面は事故率が約1.2倍!

  • 滑りやすい

雪が降ると、降り始めから融雪後まで、路面の滑りやすい状態が続きます。冬季の事故率を北海道版警察白書(平成24年版)「北斗の安全」より算出したところ、雪の降る時期(12〜2月)とそれ以外の時期を比較した事故率はなんと1.2倍という結果に。雪に慣れていると考えられる北海道でも、事故が多くなることがわかります。これが雪に不慣れな地域になると、事故率は一気に高まります。
また、溶けた雪が凍結して滑りやすい状態が長期化することも。特に深夜から早朝、橋の上やトンネルの出入口は特に凍結しやすいため、こうした場所や時間帯に運転する場合は融雪後もしばらく注意が必要です。

運転ポイント

スピードを抑えて車間距離を十分に確保し、早めの減速を心掛ける。

見通しの悪さ

  • 視界が悪い

雪の日にいざ運転となると、遠くが見通せない、吹雪いて前が見えない等、視界が悪くなることにも注意が必要です。
雨のときと同様に、周囲の様子が把握しにくくなりますので、前方の視界が特に悪い時は、安全な場所に一時避難する等、様子をみるようにしましょう。運転をしなければいけない場合は、運転前にすべてのガラス面の雪を落として十分に視界の確保に努めることが大切です。

運転ポイント

運転前にガラス面の雪を払うなど、意識して視界を確保する。

歩行者の転倒

  • 危険に遭遇

積雪路では、歩行者の歩く速度が遅くなったり、足をとられて転倒することもあります。歩行者が道路を横断している場合には、早めに速度を落として歩行者の急な転倒があっても車を停止できるように備えましょう。

運転ポイント

前方を歩行者が横断しているときは、十分にスピードを落とす。