今すぐできる被災時の緊急実践知恵袋

外出先で災害に遭い、連絡を取りたいときに。

~24時間

避難の助け

災害発生時は、たくさんの人が一斉に電話を掛けるため、電話が非常につながりにくくなります。外出先等、家族と離れているときに災害に遭った場合は、音声通話以外の伝言サービスを利用して、安否の確認に役立てましょう。

災害時の連絡には「災害用伝言ダイヤル(171)」を活用しよう。

「災害用伝言ダイヤル」とは、大規模災害によって被災地への電話が増加し、つながりにくい状況になったときに提供が開始される伝言サービスです。固定電話、携帯電話・PHS等から「171」をダイヤルすることで、利用ガイダンスに沿って伝言の録音・再生を行うことができ、家族や身近な人との間での安否確認、避難場所の連絡等をすることができます。この災害用伝言ダイヤルは、毎月1日および15日や正月三が日(※1)、防災週間(※2)、防災とボランティア週間(※3)に体験利用できます。

また、災害時にメールを送る場合は、長文・大量のメールは携帯電話の電池の消耗を加速させるおそれがあるため、手短な文面を心掛けましょう。大切な人が身近にいない外出先での被災時は、なるべくスムーズに連絡を取り合い、不安な気持ちを少しでも和らげましょう。

※1:1月1日0時~1月3日24時
※2:8月30日9時〜9月5日17時
※3:1月15日9時〜1月21日17時

MS&AD INSURANCE GROUP