• 大会結果
  • 2015年10月11日

「第21回日本トライアスロン選手権」で古谷純平選手が初優勝!椿浩平選手が3位入賞!

初優勝した古谷純平選手(左)
写真:アフロスポーツ

10月11日(日)、東京都・お台場海浜公園で「第21回日本トライアスロン選手権」が開催され、当社トライアスロン部の古谷純平選手が初優勝、椿浩平選手が3位に入賞しました。
また、本大会の結果をうけ「2015NTTトライアスロンジャパンランキング」が確定し、椿選手が2位、古谷選手が3位に入賞しました。

選手コメント

古谷純平選手

いつも温かいご声援ありがとうございます。
また今大会は悪天候であったにもかかわらず、多くの方が会場に応援に駆け付けて下さり、苦しい場面で背中を押していただきました。本当にありがとうございました。
日本選手権はシーズン初めに最大の目標として掲げた大会で、ここで優勝することを常に意識しながら今シーズン取り組んできました。その結果、こうして目標を達成することができ非常に嬉しく思っています。
レース展開としても今シーズン通して磨き上げてきた私の必勝パターンに持ち込み、優勝することができ非常に大きな自信となりました。これもひとえに会社をはじめ、練習拠点であるロンドスポーツ、サプライヤーの皆さま、日ごろ温かく応援してくださっている皆さまの支えがあったからこそ、なし得たことで、私は本当に恵まれたアスリートであるということを改めて感じています。
今シーズンの最大の目標であっただけに、日本選手権優勝は非常に嬉しいことですが、この優勝は私のトライアスロン人生において一つの通過点でしかないと思っています。最大の目標は東京五輪でのメダル獲得であり、その前のステップとしてリオ五輪出場があると捉えています。
まずはリオ五輪出場権を獲得するべく、来年4月末に控えたアジア選手権での優勝を目標に、また気持ちを入れ替えて、更に上を目指して取り組んでいきます。
今後とも変わらぬご支援ご声援のほど、よろしくお願いします。

椿浩平選手

いつも応援ありがとうございます。
日本選手権という舞台でチームとして最高の結果を得ることができました!
しかし、自分自身のレースとして振り返ると、悔しさの残るレースとなってしまいました。
たくさんの反省点がありますが、今の力を全て出し切ることはでき、次に繋がるレースができたと思います。
来年こそは優勝をし、またチームとしてさらに上の結果を残せるよう、今後も精一杯精進していきます。
また、来年はオリンピックイヤーとなります。
この流れを大切にし、オリンピックの出場権獲得を目標に今後も頑張ります。
応援よろしくお願いします!

大会結果詳細

優勝 古谷純平 1時間49分49秒
3位 椿浩平 1時間50分55秒

※本大会は、スイム:1.5km、バイク:40km、ラン:10kmのスタンダード・ディスタンス(51.5km)で開催されました。

  • 並んでスタートする椿選手(左)、古谷選手
    写真:アフロスポーツ
  • バイクで攻める椿選手
    写真:アフロスポーツ
  • ゴールテープを掲げる古谷選手
    写真:アフロスポーツ
  • ゴール後、抱き合って喜ぶ2選手
    写真:アフロスポーツ
  • 100名を超える大応援団
    写真:アフロスポーツ
  • レースを終え、笑顔の古谷選手(左)、椿選手
    写真:アフロスポーツ