アジアはASEANを中心に経済成長が著しく、保険市場もさらなる発展が見込まれます。
当社では、日系企業の進出が活発になる以前から進出を果たし、現在では、ASEAN10ヵ国全てに拠点を持ち、現地にMSIGブランドが浸透しています。
また、主要4ヵ国(シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン)で5位以内のポジションを確保するなど、ASEAN域内No.1の収入保険料規模を誇ります。
保険事業を通じて、中長期的にアジア各国・地域の経済発展に寄与し、ともに成長するためのさまざまな活動を行なっていきます。

中国:4位※、インド:6位※、香港:8位、台湾:4位、タイ:7位、ベトナム:16位、マレーシア:3位、シンガポール:3位、フィリピン:3位、インドネシア:10位(※中国、インドは外資系保険会社順位) 出展:各国の損保協会等の公表データより当社グループ調べ(2014年元受保険料ベース)

マレーシア現法「General Insurance Company of the Year」を受賞

2015年11月、マレーシア現地法人であるMSIG Insurance (Malaysia) Bhd.(以下、MSIGマレーシア)は、第19回Asia Insurance Industry Awardsにおいて、2014年度にアジア保険市場で最も顕著な活躍をした損害保険会社に与えられる“General Insurance Company of the Year ”を受賞しました。
顧客満足度向上のための各種取組やERMの推進、マレーシア保険業界におけるリーダーシップの発揮等が評価されたものです。
今後もMS&ADグループ全体で「世界トップ水準の保険・金融グループ」の実現を目指して、海外事業の成長を加速させ、海外におけるプレゼンスを高めていきます。

ミャンマーにおける保険引受免許を取得

2015年5月に、ミャンマー財務省管下の保険事業規制委員会より、ヤンゴン市ティラワ経済特区における保険引受免許を取得しました。同国での免許取得により、当社はASEAN地域内10ヵ国すべてに元受拠点を有することとなりました。
ミャンマーは、人口の増加や豊富な天然資源等を背景に、外国企業による投資が活発化しており、さらなる経済発展が見込まれています。当社は、1995年のヤンゴン事務所開設以来、同国に進出した日系企業の保険手配を支援してきましたが、今後は各種保険の引き受けやリスクマネジメント・サービスを提供し、企業のお客さまのビジネスを一層強力にサポートしていきます。

インド合弁会社への出資比率引き上げ

2016年3月、当社はインドの合弁会社であるチョラマンダラムMSジェネラル社(以下、チョラMS社)の発行済株式14%を追加取得し、出資比率を40%に引き上げました。同時に、当社社員が常勤取締役として経営全般にわたる企業価値向上の取り組みを所管するほか、経営企画・引受・支払分野それぞれに所管する社員を派遣しました。
今後、チョラMS社におけるお客さまサービスを強化するとともに、インド保険市場のさらなる発展に寄与していきます。

アジアの生保市場への貢献

人々や企業を守るためには、損害保険だけではなく、生命保険も大切です。
アジアにおける生命保険の普及率はまだ低い水準にあります。このため当社は現地生保会社と提携し、経営管理、商品開発、販売網構築、オペレーション強化、ITシステム開発といった領域での技術移転やノウハウ共有を通じて、生命保険の普及率向上とマーケット拡大に貢献しています。