ゴルフ初心者or年に数回の方

ゴルフとは?

ゴルフとは「ティーインググラウンド」と呼ばれる決められた場所から、ゴルフ場に掘られた穴(=「カップ」)にボールを入れるまでの打数を競う競技です。

ゴルフは自分自身と自然が相手であり、自分のモチベーションやコースの状態、気象条件がスコアに大きな影響を与えます。

ゴルフ用語辞典

ゴルフをするにあたり、知っておくべき用語を集めてみました。

チェックして当日に臨みましょう。

アイアン

クラブの一種。100ヤード~200ヤード前後飛ばすのに適している。

アウトコース

全18ホールのゴルフコースの前半(1~9番ホール)。

アドレス

ボールを打つためにゴルフクラブを構えること。

アプローチ

グリーン近くからカップやグリーンに向かってボールを打つこと。

アルバトロス

パー(=ホールごとに設定された規定打数)より3打少なくそのホールを終えること。

アンダーハンディ

競技方法の一種。それぞれの参加者のレベルに応じてハンディキャップを設定し、合計スコアから、設定したハンディキャップを引いたスコアで順位を決める方式。

池ポチャ

池にボールを打ち込んでしまうこと。

インコース

全18ホールのゴルフコースの後半(10~18番ホール)。

インパクト

ゴルフクラブのボールを打つ面(フェース)がボールに当たる瞬間。

ウォーターハザード

コース内に設置された、池・川などの障害物。

ウッド

主に第1打目で使用する、ヘッドが大きいゴルフクラブ。

大波賞

アウトとインのスコアの差が最も大きい人に贈られる賞。前半よりも後半のスコアがいい人が対象となる。

オープンフェース

ゴルフクラブのボールを打つ面(フェース)が、目標方向に対して右向きに傾いている状態。

オナー

各ホールの最初にティーショットを打つ人。

OK

次の1打で確実にボールをカップに入れることができる(ホールアウトできる)と思われた場合に、最後の1打を省略することを他のプレーヤーが認めること。

OB

アウトオブバウンズの略。コースやホールの近くに設置されたプレー禁止区域。

カジュアルウォーター

池や川とは異なり、雨などによって一時的にコース内にできた水たまり。

カップ

グリーン上にある穴。「ホール」ともいう。

キック

打ったボールが斜面等に当たり、バウンドすること。

キャディー

プレーに同伴し、ゴルフバッグやクラブを運んだり、プレーのアドバイスをしてくれたりする人。

キャディーマスター室

スタート時間の管理やカート管理などのクラブ運営業務を行うキャディーマスターがいる部屋。

キャリー

打ったボールが地面に落ちるまでの距離。

グラスバンカー

グリーン周りに多くある、くぼみ。「バンカー」と異なり、砂はなく、伸びた芝が生えている。

グリップ

ボールを打つときに握る部分。また、ゴルフクラブを握ることやその握り方も意味する。

グリーン

カップの周りの芝生が短く刈られた場所。パッティンググリーンが正式名称。

グリーンエッジ

グリーンを囲う、グリーンよりも芝が長い部分。

グリーンが遅い

グリーンをボールがあまり転がらないこと。

グリーンが速い

グリーンをボールがよく転がること。

グリーンフォーク

ボールがグリーン上に落ちたことでできる、グリーン上のくぼみをなおすフォーク。

グロス

全18ホールの打数合計。

小波賞

アウトとインのスコアの差が最も小さい人に贈られる賞。前半よりも後半のスコアがいい人が対象となる。

ティーペグ

ティーショットの際にボールをのせる(ティーアップ)ために使用する用具。ティーペグには様々な長さ、素材(プラスチックや木など)があり、使用するクラブの長さやヘッドの大きさに応じて選択する。

マーカー

自分のボールが他のプレーヤーの邪魔にならないよう、グリーン上に目印としてボールの代わりに置くもの。

暫定球

打ったボールを紛失したり、OBになったりした可能性がある場合、暫定的に打っておくボール。ボールが見つかった場合、暫定球は放棄する。

サンドウェッジ

クラブの一種。主にバンカーの時に使用するゴルフクラブ。

芝目

芝が生えている方向。

シャフト

ゴルフクラブの柄の部分。

シャンク

ボールを打つ際、ボールが本来ボールを打つ部分(フェース部分)ではなく、ゴルフクラブヘッドの根元に当たったりして、右方向にボールが飛んでしまうこと。

修理地

コース内で修理をしているエリア。

順位賞

合計スコアからハンディキャップを引いたスコア(ネットスコア)の少ない順に順位がつけられ、各順位の人に贈られる賞。

ショートカット

曲がったコースにおいて、木や池などの障害物を超えてまっすぐにボールを打ち、最短距離でプレーすること。

ショートホール

パー3のホールのこと。

ショット

ボールを打つこと。

スタンス

スイングする際の足の構え。

ストロークプレー

勝敗を全18ホールの合計スコアで競う試合方法。

スライス

ボールが曲がって、右に飛ぶこと。

スルーザグリーン

フェアウェイとラフを指す。

スループレー

前半9ホールを終えた後、休憩を取らずに続けて後半9ホールをプレーすること。

スロープレー

ゆっくりと時間をかけてプレーをすること。

セミパブリックコース

ほとんどのプレーヤーがビジターであるコース。

セルフプレー

キャディーを付けずにプレーヤーだけでゴルフをプレーすること。

ソール

ゴルフクラブの底面。または、ゴルフクラブの底面を地面につけることもいう。

ダフる

ボールを打つ際に、ボールの手前の芝を打ってしまうこと。

ダブルぺリア

競技方法の一種。18ホール中12ホールのスコアを抽出し、そのホールのスコアによって、各自のハンディキャップを算出。合計スコアから、算出したハンディキャップを引いたスコアで順位を決める方式。

チョロ

ボールをかするようにスイングしてしまい、ボールが飛ばずに、すぐに転がってしまうこと。

ティーアップ

ティーショットを打つ際に、ティーペグの上にボールを置くこと。

ティーインググラウンド

各ホールの1打目を打つ場所。

ディボット

ボールを打つ際にゴルフクラブで削ってしまった芝。

ティーショット

各ホールのティーインググラウンドから打つ1打目。

ティーマーカー

ティーインググラウンドにある、ティーアップ可能な範囲を示す場所。

テンプラ

ボールが高く上がりすぎて、ほとんど飛ばないこと。

同伴競技者

同じ組でラウンドするプレーヤー。

ドライバー

クラブの一種。もっとも飛距離が出るゴルフクラブ。

ドラコン

ドライビングコンテストの略。ティーショットをフェアウェイ上で最も遠くまで飛ばした人が勝者となる、コンペルール。

ドラコン賞

ドラコンを達成した人に贈られる賞。

ドロップ

池等にボールが入り、替わりのボールを打つ際に、ボールの位置を決めるために、腕を肩の高さまで上げて手に持ったボールを地上に落とすこと。

ニアピン

パー3のホールにおいて、ティーショットをグリーン上でピンに最も近い位置に乗せた人が勝者となる、コンペルール。

ニアピン賞

ニアピンを達成した人に贈られる賞。

パー

ホールごとに設定された規定打数。

ハーフ

全18ホールのゴルフコースのうち、半分の9ホールを指す。

ハザード

各コース内に設置された障害物。池などが挙げられる。

パター

グリーン上でボールを転がす際に使用するゴルフクラブ。

バックスイング

ゴルフボールを打つ際にゴルフクラブを後ろに振り上げる動作。

バックスピン

ボールが飛ぶ方向とは逆向きにかかるボールの回転。

パッティングライン

パットの際、ボールがカップに入るまでに通ると予想されるルート。

パット

パターを使ってボールを転がすこと。

パブリックコース

会員制ではなく、誰でも利用可能なコース。

バンカー

ハザードの一種。砂の窪地。

バンカーアゴ

バンカーの縁が崖のようになっている状態。

バンカーレーキ

バンカーを整えるための道具。

ビジター

会員制のゴルフ場において、会員以外の利用者。

ピッチングウェッジ

クラブの一種。アプローチの際に使用する。PまたはPWと表記される。

ピン

ホールの場所を示すために立てられた旗竿。

フェアウェイ

ティーインググラウンドからグリーンまでの間にある、芝が短く刈られたエリア。

フェース

クラブのヘッド部分における、ボールと接する面。

フック

打ったボールが曲がって左に飛ぶこと。

プレーイング4(プレ4)

ティーショットがOBになった時に、ティーショットを打ちなおす代わりに、ホール内に設置された「特設ティー」から第4打目を打つこと。

ブービー賞

コンペ参加者の中で最下位よりも順位が1つ上の人に贈られる賞。

ブービーメーカー賞

コンペ参加者の中で、最下位の人に贈られる賞。

ベストグロス賞(ベスグロ賞)

ハンディキャップなしで最も少ないスコアをマークした人に贈られる賞。

ヘッドアップ

スイングの途中で頭を上げてしまうこと。

ペナルティー

ルール違反等をした際に、スコアに加えられる所定の打数のこと。

ぺリア

競技方法の一種。18ホール中6ホールのスコアを抽出し、そのホールのスコアによって、各自のハンディキャップを算出。合計スコアから、算出したハンディキャップを引いたスコアで順位を決める方式。

ホール

①ボールを入れるためにグリーンにあけられた穴。「カップ」ともいう。
②1つの、ティーインググラウンドからグリーンまでのこと。

ホールアウト

ボールをカップに入れて、そのホールのプレーを終了すること。

ホールインワン

初打で直接カップにボールを入れること。パー3のホールインワンは「イーグル」、パー4のホールインワンは「ホールインワン・アルバトロス」。パー5のホールインワンは「ホールインワン・コンドル」になる。

マッチプレー

ホールごとに勝敗を決める試合形式。勝ちホールが多い方が勝者となる。

目土(めつち)

コース上のディボット跡を修復するために、ディボット跡に入れる砂。

猛打賞

最も打数の多い人に贈られる賞。

ヤード

距離の単位。約90センチメートルが1ヤード。

ライ

ゴルフボールがとまっている地点の周辺の芝の状態。

ラウンド

全18ホールをプレーすること。

ラフ

フェアウェイの外側にある、芝生の長いエリア。

ランニングアプローチ

ボールをほとんど上げずに転がしてカップに近づける方法。

リプレース

動いたボールや、一度拾い上げたボールを、元々あった位置に戻すこと。

レギュラーティー

白いティーマーカーが設置されているティーインググラウンド。

レディースティー

赤いティーマーカーが設置されている女性用のティーインググラウンド。

ローカルルール

公式に定められたルールではなく、ゴルフ場等で設定されたルール。

6インチプレース

スルーザグリーンにおいて、元の位置から6インチ(約15センチメートル)以内の打ちやすい場所にボールを置きなおすこと。

ロストボール

プレー中にボールをなくすこと。ボールを探しはじめてから5分以内にボールを見つけることができないと、ロストボールとみなされる。

ロフト

ゴルフクラブのボールを打つ部分(フェース)の傾斜角度。

ワンオン

ティーインググラウンドから打った第1打がグリーンに乗ること。

ワンペナゾーン

黄色と黒の縞模様の杭で示されたゾーン。このゾーンに入ると次打が打ちづらいため、1打を加えて所定の場所からプレーすることができる。

当日の持ち物・服装を
チェック!

持ち物

グリーンフォーク ボールがグリーン上に落ちたことでできる、グリーン上のくぼみをなおすフォーク。
ゴルフクラブ ゴルフにおいてボールを打つために使用される用具。ゴルフクラブには、ウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッジ、パターとあり、プレーの際、使用できる本数は14本以内と決まっています。各クラブは想定された距離を打ちやすくする為に作られており、ウッド、ユーティリティー、アイアン、ウエッジの順で、長い距離から短い距離を打つことができます。なお、ゴルフバックに入れることができる本数も14本までです。
ティーペグ ティーショットの際にボールをのせる(ティーアップ)ために使用する用具。ティーペグには様々な長さ、素材(プラスチックや木など)があり、使用するクラブの長さやヘッドの大きさに応じて選択します。なくなった時に備えて、多めに20本ほど持って行きましょう。
ゴルフボール なくなった時に備えて、多めに20個ほど持っていきましょう。
マーカー 自分のボールが他のプレーヤーの邪魔にならないよう、グリーン上に目印としてボールの代わりに置くもの。

ゴルフ場来場時の服装

上着
ジャケットを着用しましょう。
ズボン・スカート
男性はスラックス(チノパンでも構いません)を履きましょう。女性は露出度の低い服にしましょう。ベルトは男女ともに着用しましょう。
シューズ
サンダルやスニーカーは不可です。女性は低めのヒールであれば、履いても構いません。

ゴルフプレー時の服装

帽子
通気性の良い帽子をかぶりましょう。
シャツ
襟付きのスポーツシャツを着用しましょう。また、すそが長い場合はズボンの中に入れましょう。
グローブ
滑り止め用にグローブをすると良いでしょう。
ズボン
男性はゴルフスラックス(チノパンでも構いません)を履きましょう。女性は露出度の低い服にしましょう。ベルトは男女ともに着用しましょう。
シューズ
芝を傷つけないように、ゴルフ専用のシューズを履きましょう。

プレーするメンバー全員が気持ち良くゴルフを楽しめるよう、TPOをわきまえた服装を心掛けましょう。

一般的な持ち物や服装について記載しております。
服装についてはゴルフ場ごとに個別にルールが定められていることもありますので、事前にゴルフ場に確認をしましょう。

ゴルフプレー中の注意事項

1ゴルフプレー区域の確認

まずは区域の名前と場所を確認しましょう。

ティーインググラウンド

各ホールの1打目を打つ場所。

フェアウェイ

ティーインググラウンドからグリーンまでの間にある、芝が短く刈られたエリア。

ラフ

フェアウェイの外側にある、芝生の長いエリア。

バンカー

ハザードの一種。砂の窪地。

ウォーターハザード

コース内に設置された、池・川などの障害物。

2ティーインググラウンドでの注意事項

  • 最初のホール(通常は1番ホールまたは10番ホール)は、ゴルフ場備え付けのくじ棒によるくじ引きで、ボールを打つ順番を決めます。
  • それ以降のホールは、前ホールのスコアが良かった人から順番にボールを打ちます。
  • 危険防止と芝の保護の観点から、ティーインググラウンドには打順が来るまで上がらないようにしましょう。
  • プレーヤーがボールを打つときは、集中を妨げないように、周りの人は静かにしましょう。
  • 打ったボールが隣のホールへ逸れたら、皆で「フォア―」と声を出し、隣のホールの人へ危険を知らせましょう。
  • コースやホールの近くに設定されたプレー禁止区域(=OB)にボールが行った場合、プレーイング4のための「特設ティー」が設けられていることがあるので確認しましょう。

3フェアウェイ、ラフでの注意事項

  • ティーインググラウンドで打った順番とは関係なく、2打目以降はカップから遠い順にボールを打ちます。
  • ボールが当たる可能性があるので、ボールを打つ人よりグリーンに近い側に立ってはいけません。
  • 前方の組にボールが届いてしまうと危険です。前の組に近づいたら、一旦ボールを打つのをやめて、前の組が離れるまで待ちましょう。
  • 打つ場所、状況によってゴルフクラブを使い分けます。自分のボールのところに行く際は、クラブを1本だけ持って行くのではなく、2~3本持って行くようにしましょう。行ったり来たりして時間を無駄にして他のプレーヤーの迷惑になってしまうことを防げます。

4バンカーでの注意事項

  • バンカーにおりるときは、段差が小さく、かつ、なるべくグリーンとは反対側の、ボールに近い場所から入るようにしましょう。
  • クラブを構えた時に、ヘッドが砂につかないようにしましょう。砂につくと、ペナルティーとなります。

覚えておこう!バンカーのならし方

  • バンカーショットが終わったら、バンカー横に置いてある「バンカーレーキ」(バンカーをならすための道具)を使ってバンカーを整えましょう。
  • バンカーレーキはギザギザがある方を下にして押した後、裏返し、平らな方を下にして引きます。この動作を繰り返すことで、バンカーを平らな状態に戻します。

5グリーンでの注意事項

  • 自分のボールが落ちたことによって、グリーン上にできたくぼみは、グリーンフォークをくぼみ付近に刺し、くぼみに引き寄せる方法で修復しましょう。
  • 芝生を保護するため、グリーン上では走らないようにしましょう。
  • パッティングライン(パットの際、ボールがカップに入るまでに通ると予想されるルート)やパッティング中の人の視界に入る位置に立ってはいけません。また、パッティングラインを踏んではいけません。
  • 抜いたピンは、芝が傷つかないよう、地面につけず持ち、グリーンの外に静かに置きましょう。
  • 全員がホールアウトしたら、後方のプレーヤーがすぐにプレーできるよう、速やかにグリーンから出ましょう。
  • ゴルフカートに乗ったら、そのホールの全員分のスコアをスコア表に記載しましょう。

覚えておこう!マーカーの使い方

  • グリーン上では他のプレーヤーのパッティングの邪魔にならないよう、マーカーを使います。
  • グリーンにボールが乗ったら、カップに対してボールの真後ろにマーカーを置き、ボールを拾い上げます。ボールを打つ順番になったら、逆に、カップに対してマーカーの前にボールを置き、マーカーを拾い上げます。
  • マーカーが他のプレーヤーのパッティングの邪魔になる場合は、グリーン周りの木などを目印にして、パターのヘッド1つ分、横にずらしましょう。

覚えておこう!スコアの数え方と名称

  • ゴルフは「いかに少ない打数でコースを回れるか」を競うスポーツです。
    各ホールでボールをカップに入れるまでの規定打数(パー)が決められており、例えばPar3と書かれたホールでは3打でカップに入れることが基準となります。
  • 規定打数(パー)よりも1打多ければボギー、1打少なければバーディーといいます。パー5の時のスコアの呼び方は表の通りです。
スコア 打数 スコアの
呼び方
名称
-4 1 トリプル・イーグル コンドル
-3 2 ダブル・イーグル アルバトロス
-2 3 イーグル  
-1 4 バーディー  
E 5 パー  
+1 6 ボギー  
+2 7 ダブル・ボギー バザード
+3 8 トリプル・ボギー グラウス
+4 9 クワドラプル・ボギー ターキー

一般的なゴルフプレー中の注意事項を記載しております。
ゴルフ場ごとにプレー中のルールを定めていることもありますので、事前にゴルフ場に確認をしましょう。

事前に知っておきたいゴルフ場でのリスク

case1損害賠償責任
  • 自分が打ったボールが他のプレーヤーに当たってケガをさせてしまった。
  • ゴルフカート運転中に他人のクラブにぶつけてしまい、壊してしまった。

case2入院
  • ゴルフカートから転落してケガをし、入院した。

case3ホールインワン
  • ホールインワンを達成し、記念品購入やお祝い会の経費、ゴルフ場への記念植樹等、予想外に多額の出費となった。

case4ゴルフ用品の損害
  • プレー当日、ゴルフ場でゴルフバッグが盗まれた。

「もしも」のときに事前に備えるには
どうしたらいいんだろう・・・?

1DAYレジャー保険なら、
ゴルフ場でのリスクに
備えられます!

おすすめのポイント

  • ポイント1
    保険期間は1日!
    1日500円
    からワンコインで
    入れる保険です!
  • ポイント2
    スマートフォンで
    簡単申込み!
  • ポイント3
    ケガや賠償、ホールインワンなど
    ゴルフ場での
    リスクをまとめて補償!

詳しくはこちら

お申込みはこちら!

スマートフォン版サイトをご覧のお客さま

  • 1DAY保険アプリ「レジャーお役立ち情報」ボタンから本画面をご覧のお客さまへ

代理店扱いで1DAYレジャー保険をご契約いただく場合は、本ページの「代理店経由のお申込みはこちら」から代理店を検索しお申込みいただくか、アプリの「代理店情報の読込み」ボタンから代理店をご登録の上、アプリの「申込み・契約確認」ボタンからお申込みください。

パソコン版サイトをご覧のお客さま

スマートフォンでQRコードを読み取り、「専用手続サイト」へアクセスしてください。

  • ※1QRコードの読取りには、QRコードリーダーアプリのダウンロードが必要な場合があります。
  • ※2QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

1DAYレジャー保険お申込みはこちら