活動レポート

  • 大会結果
  • 2019年03月02日

「アメリカンカップ・クレアモント」に出場

3月2日、アメリカ・クレアモントで「アメリカンカップ・クレアモント」が開催され、当社トライアスロン部の小田倉真選手が出場しました。

選手コメント

小田倉真選手

皆さま、いつも温かいご支援と声援ありがとうございます。
今大会は前回のハバナ大会に続き、3位以内でポイントを獲得し、世界ランキングを上げることを目標に臨みました。
スイムでは私と同じ力のある選手が揃っていたため、終始混戦状態で展開することになりました。集団の中で先頭との差を確認しながら余裕を持って展開し、先頭から20秒差でスイムパートを終えました。
バイクに移ってから直ぐに先頭に追い付きましたが、けん制が激しい影響でスローペースで展開することになりました。何人かの選手が逃げてもすぐに集団に吸収されるの繰り返しでした。後続から追い上げて来た集団に追いつかれ、40名近い大集団となりました。少しでも体力のロスをしないために、集団の前方で展開しようとポジションを上げようとしましたが他の選手と接触してしまい、2回コースからはみ出してしまいました。単純でテクニカルでないコースであったため、後方で展開しても体力が消耗することは無いと判断し、後方で展開することにしました。
40名近い大集団がトランジットに入り、先頭からは遅れてトランジットを後にしましたが、フレッシュな状態でランニングに入ることができ、先頭を追走しました。しかし、先頭を走る選手の実力は私以上でした。
私はとにかく目の前にいる選手を追いかけましたが、目標には程遠い13位でレースを終えました。
前回の反省を活かして今回は少しでも良い順位を取ることに徹しましたが、思っていたよりもレベルが高く、私自身の実力の無さを痛感するレースでした。
今回の悔しさを忘れずに、自身の実力を上げていけるように取り組んでいきます。
引き続き、ご支援とご声援のほどよろしくお願いします。

大会結果詳細

小田倉真 13位 54分14秒

※本大会は、スイム0.75km、バイク20km、ラン5kmのスプリント・ディスタンス(25.75km)で開催されました