活動レポート

  • 大会結果
  • 2019年05月19日

東日本実業団陸上競技選手権大会でカマウタビタジェリ選手が2位入賞!

表彰式にて

5月18日(土)~19日(日)に埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開催された「第61回 東日本実業団陸上競技選手権大会」に、女子陸上競技部から6名の選手が出場し、今年度入社したカマウタビタジェリ選手が女子5000mで2位に入賞しました。

選手コメント

カマウタビタジェリ選手

今回は勝つことを目標にしていた選手に負けてしまったのでとても悔しいです。
国内にいるケニア人選手には誰にも負けたくないので、もう一度練習をしっかり積んで、次は勝てるように一生懸命努力します。
たくさんの応援ありがとうございました。

古寺冴佳選手

1500mは目標タイムには届きませんでしたが、少しだけ良い感覚で走ることができました。
5000mは前日の1500mに比べると長いレースでしたが、集中して走ることができました。ラスト400mまでいい順位につけていましたが、そこから一気に後方を突き放すスパートをかけられず目標とは遠い順位になってしまいました。
これからどんどん5000mに挑戦して、自己ベストを出していきたいです。応援ありがとうございました。

田邉美咲選手

まだまだ納得のいくタイムではではありませんでしたが、少しずつ調子が良い時の走りの感覚を掴めてきているので、もう一度走り込みをして次のレースで記録を狙っていきたいと思います。
お忙しい中、応援に駆けつけてくださいましてありがとうございました。

橋本奈海選手

たくさんの応援ありがとうございました。
スタンドからの大声援がとても力になりました。タイムも順位も納得のいく結果とはなりませんでしたがこのレースを必ず次に活かしていこうと思います。

野添佑莉選手

暑い中応援に来ていただきありがとうございました。勝負に勝つレースをしたかったのですが、勝負所のところで我慢することが出来ませんでした。
マラソン後からトラックシーズンに入り、まだまだこれからですが今回のレースを改善して7月のホクレンディスタンスチャレンジでタイムを出せるよう精進していきます。
現状を見つめ直して次に向けて目標をもって練習に励んでいきますので今後とも応援よろしくお願いいたします。

片貝洋美選手

お忙しい中、応援に駆けつけていただきありがとうございます。
まだまだ個人の力としては力不足ですが、より高いレベルへの良いステップにはできたと思うので、さらにより一層練習に取り組んでいきたいです。

大会結果詳細

女子1500m

5位 古寺冴佳 4分27秒68

女子5000m

2位 カマウタビタジェリ 15分28秒40
7位 田邉美咲 16分18秒09
11位 片貝洋美 16分27秒00
15位 古寺冴佳 16分28秒66

女子10000m

7位 橋本奈海 33分57秒42
10位 野添佑莉 34分11秒33
  • タビタ選手
  • 古寺選手
  • 田邉選手
  • 橋本選手
  • 野添選手
  • 片貝選手
  • 応援後の集合写真
  • 応援風景

写真:アフロスポーツ