活動レポート

  • 大会結果
  • 2019年04月23日

「アジアパシフィック選手権大会」で坂上綾選手が3位入賞!

3位に入賞した坂上綾選手(右)

4月20日(土)~23日(火)に、アラブ首長国連邦・フジャイラで「アジアパシフィック選手権大会」が開催され、当社女子柔道部から坂上綾選手が出場し、3位に入賞しました。

※入賞者には、IJF(国際柔道連盟)ランキングポイントが加算されます。(1位700点、2位490点、3位350点)

選手コメント

坂上綾選手

いつも応援ありがとうございます。
シニアの国際大会に初めて派遣してもらい、今回のチャンスを活かしたいという思いで試合に臨みました。優勝を目指していましたが、結果は3位でした。4月は選抜体重別、今大会とシニアレベルの試合の連戦を経験させてもらいましたが、今の実力ではシニアのレベルで通用しないと強く感じました。今後は今出来ていない部分を一つ一つ修正していき、基礎から体作り、技作りをしていきます。
応援ありがとうございました。

大会結果詳細

女子48kg級

優勝 リー・ヤナン(中国)
準優勝 ガルバドラフ(カザフスタン)
3位 坂上綾(当社)
3位 リー・ヘギョン(韓国)

坂上綾選手 3位(IJFランキング 74位⇒52位)

  ※ランキングは大会出場時点⇒現時点です

2回戦(初戦) △一本(反則)   リー・ヘギョン(韓国・ランキング外)
敗者復活戦   ○一本(上四方固) ナザロバ(トルクメニスタン・同186位)
3位決定戦   ○一本(GS反則) ナウアテベック(カザフスタン・同63位)