活動レポート

  • 大会結果
  • 2018年10月21日

「2018世界ジュニア柔道選手権大会」で舟久保遥香選手と和田梨乃子選手が優勝!

舟久保遥香選手(左から2番目)

10月17日(水)~21日(日)にバハマ・ナッソーで開催された「2018世界ジュニア柔道選手権大会」に、当社女子柔道部から2名の選手が日本代表として出場し、舟久保遥香選手(57kg級)が三連覇、和田梨乃子選手(78kg級)が初優勝しました。
※入賞者には、IJF(国際柔道連盟)ランキングポイントが加算されます。(1位700点、2位490点、3位350点)

選手コメント

舟久保遥香選手

いつもたくさんのご声援ありがとうございます。
今大会は、立技・寝技でしつこく攻め、優勝することを目標に臨みました。結果、個人・団体共に優勝することができました。やることをまとめ、落ち着いて試合に臨めたことが良かったと思います。今後は、足技の強化や相手の崩し方をもっと意識して取り組んでいきたいと思います。
立技、寝技ともに強化・改善する点が多くありますが、講道館杯までにできることを考え、精一杯準備していきたいと思います。

和田梨乃子選手

いつも温かいご声援ありがとうございます。
今大会は初出場でしたが、絶対に優勝しておきたい大会だったので、優勝できて良かったです。試合当日はいつもより緊張していましたが、その緊張を楽しみながら試合に臨んでいました。初戦から、自分の技でポイントを取り、寝技も使い、勝ち進むことが出来ました。しかし、まだまだ課題はあり、もっと良くなっていけると思います。ここで満足せず、もっと上を目指して頑張っていきます。
今後とも応援よろしくお願いします。

大会結果詳細

女子57kg級

優勝 舟久保遥香(当社)
準優勝 シシクエ(フランス)
3位 カジザー(スロベニア)
3位 富沢佳奈(東海大学)

舟久保遥香選手 優勝(IJFランキング28位⇒24位)

  ※ランキングは大会出場時点⇒現時点です

2回戦 舟久保選手○一本(袈裟固)         ルスサニー(フランス)
3回戦 舟久保選手○一本(縦四方固)        ラクガバトゴー(モンゴル)
準決勝 舟久保選手○一本(合技 小内刈・崩袈裟固) カジザー(スロベニア)
決勝  舟久保選手○一本(合技 小内刈・袈裟固)  シシクエ(フランス)

女子78kg級

優勝 和田梨乃子(当社)
準優勝 プロダン(クロアチア)
3位 サンパイオ(ポルトガル)
3位 ラッドフォード(イギリス)

和田梨乃子選手 優勝(IJFランキング99位⇒40位)

1回戦 和田選手○一本(GS払腰)       パパダギス(アメリカ)
2回戦 和田選手○優勢(小外掛)        チレウハノバ(カザフスタン)
3回戦 和田選手○一本(合技 払腰・上四方固) サムパイオ(ポルトガル)
準決勝 和田選手○一本(横四方固)       ポンス(ブラジル)
決勝  和田選手○一本(合技 大外刈・大外刈) プロダン(クロアチア)

男女混合団体戦

優勝 日本
準優勝 ブラジル
3位 カザフスタン、ロシア

舟久保遥香選手

決勝戦 ブラジル(対ナスシメント) ○(GS指導3)

  • 初優勝を飾った和田選手(左から2番目)
  • 抑え込む舟久保選手
  • 果敢に攻める和田選手