グループ全社員がともに活動できる新たな象徴的環境取組み

2010年、MS&ADインシュアランスグループの誕生を機に、グループ社員がともに活動できる新たな環境取組みとして立ち上げたのが、MS&ADラムサールサポーターズです。
当時、「生物多様性」を保全する場所としては、里山や森が重要視されていましたが、水辺や湿地も同じように重要な場所であることに着目しました。
保険は海上交易を起源にもつ商品であり、また既に多くの社員が、地域貢献活動で海岸や河川の清掃活動を行っていました。私たちと水辺とのつながりをひもとき、水辺や湿地を守る国際条約「ラムサール条約」にちなみ、水辺や湿地の生物多様性を守る「MS&ADラムサールサポーターズ」との名称で活動を開始しました。

活動名称と副題「いのち・つなげる・水辺から」、キャラクターの「ミズベエ」「ヒガタン」は、社員公募でつくりました。

子どもたちへの環境教育プログラム・出張授業の実施

現在、全国10カ所でブロックごとに活動しているほか、各支店の社員も近隣の水辺で活動しています。全国各地で、1,500名を超えるグループ社員とその家族が、水辺の生物多様性保全活動に取り組んでいます。

2013年度からは、子どもたちにもラムサールサポーターの輪を広げようと、環境教育プログラムを作成し、出張授業を実施しています。環境教育プログラムは、専用ホームページより無料でダウンロードが可能です。

MS&ADラムサールサポーターズの詳細、活動報告はこちら