今すぐできる被災時の緊急実践知恵袋

新聞紙を活用して、暖を取ろう。

24時間~72時間

体調管理

地震や大雨洪水等の災害によって避難するときは、できる限りの防寒対策を取りましょう。もし上着が足りなかったり、着替えを十分に準備できなかったりした場合は、新聞紙を使って体を温める方法があります。

新聞紙が腹巻きや布団に早変わり

まず、新聞紙で簡単に作れるのが「腹巻き」。新聞紙を3〜4枚重ねて、2つ折りにし、上下を10センチくらい折り込みます。あとは折り込んだ部分同士を噛ませてつなげれば、腹巻きのできあがりです。新聞紙を数枚つなげれば、大人用の大きな腹巻きも作ることもできます。

また、新聞紙を丸めてポリ袋に入れれば、「布団」の代わりにも。ポリ袋の中に空気の層ができ、熱を保つ仕組みになっているので、中に足を入れると温かく感じます。また、新聞紙を靴下に重ねたり、上着のように羽織ったりすることも寒さ対策になります。

MS&AD INSURANCE GROUP