タイは、幅広い年代の方に人気の海外旅行先となっていますが、首都バンコクをはじめとしたさまざまな地域で犯罪が発生しています。そのなかでも海外旅行客を狙った盗難被害は特に多く、置き引きやスリのほかさまざまな犯罪被害が報告されています。タイに海外旅行にいくときには現地での防犯対策を調べ、海外旅行保険に加入しておくなどの準備をしておきましょう。

タイの犯罪被害発生地域

タイには、世界中を放浪するバックパッカーが多く集まります。特に首都のバンコクはバックパッカーの聖地として有名であり、1年を通して多くの海外旅行客であふれています。カオサン通りという界隈は道行く人で賑わうエリアであり、その人通りの多さを利用した犯罪が報告されています。また、チェンマイ市内でも多くの犯罪が報告されています。なかでも、旧市街やスラム街には立ち寄らないよう、注意しましょう。

置き引きやスリなどの盗難の被害

タイで置き引きやスリが多発するのが、観光客の集まるスポットです。バンコクのショッピングセンターや市場など人が密集するスポットは特に注意が必要で、毎年多くの被害が報告されています。また、空港や駅などでの移動時のスリや置き引き被害も多く報告されています。お金や物品だけでなく、航空券やパスポートを狙った犯罪も発生しています。日本人のパスポートや航空券は海外で信頼度が高く、闇ルートで取引されるのです。そのため、貴重品は肌身離さず携帯しておく必要があります。タイは盗難のリスクが高い国であるため、訪れる際には海外旅行保険に加入しておきましょう。

日本人の被害例

タイの首都バンコクへと海外旅行に訪れた際に、犯罪に巻き込まれたという日本人が多くいます。特に若い旅行者を狙った犯罪が多いので、タイへの海外旅行を考えている方は注意しておきましょう。犯罪が起こったときの共通点として、現地の人から声をかけられたというものが挙げられます。タクシーなどの運転手を含め現地の人から声をかけられ、容易に話に乗ったことがきっかけで犯罪に巻き込まれるというケースが多く報告されているのです。見知らぬ人に突然声をかけられた場合は注意しましょう。特に注意が必要なのは、フレンドリーな人や日本語がしゃべれる人です。タイでこのようなタイプの人に声をかけられた場合には、無視するか、しっかりと距離を保って付き合うようにしましょう。リスクに備えて、海外旅行保険に加入しておくことも重要です。

タイで見られる犯罪の手口

タイでは、置き引きやスリのほかにさまざまな手口の犯罪が報告されています。ここでは、その一部をご紹介します。

  • 睡眠薬強盗

    有名な観光スポットや市場などで一杯ごちそうすると飲みに誘われ、睡眠薬入りのドリンクを飲まされて金品を奪われるというもの。バックパッカーが多く集まる、カオサン通りやパタヤビーチなどで被害が報告されています。

  • 集団スリ

    数人で旅行者の進路を妨害して押し倒し、身動きが取れないようにしてから別のメンバーがカバンから金品を抜き取るというもの。バンコク都内のショッピングセンターやデパート、駅などにおいては、このような集団スリが横行しています。1人の観光客が狙われるケースが多いので、なるべく1人で行動するのは避けましょう。

このような犯罪で失った金品や物品は、海外旅行保険にて保障されます。海外旅行保険に加入しておくと、トラブルに巻き込まれても安心なのです。タイに海外旅行に訪れる際には、犯罪のリスクに備えて海外旅行保険に加入しておくようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください