海外旅行中体調を崩してしまうというのはよく聞く話ですが、その原因としてもっとも多くあげられるのが「食中毒」などの病気です。海外では日本とは食文化が違う他、水の質も違うため胃腸が弱い人や免疫が弱い人は特に注意が必要。ここでは、海外旅行での食中毒などの病気の予防と対策について、ご紹介します。

海外旅行での食中毒対策

日本の衛生観念は世界トップレベルで、下水やごみ処理などのインフラも非常に整っています。食品の管理や調理に関しても、それぞれの飲食店やスーパーでしっかりと管理しているため、日本にいて食中毒などの病気にかかってしまうということはそうそう多い話ではありません。しかし、海外には日本のようにインフラや衛生観念が整っていない国もあり、特に発展途上国では食中毒などの病気に対して注意する必要があるでしょう。ここでは海外に訪れた際の、食中毒対策についてご紹介します。

  • 水道の水は飲まない

    海外旅行で食中毒にかかってしまう方の多くは、なんらかの形で現地の水道水を飲んでしまっています。日本では水道水を直接飲むというのは、当たり前のことですが、海外で水道水をそのまま飲める国はあまりありません。水道の除菌システムが未発達である場合が多く、水道水にはたくさんの細菌が生息しているのです。特に除菌や殺菌のシステムがしっかりとしている水を飲んでいる日本人は、海外の生水に生息している細菌への免疫がない場合が多々あり、生水を飲んですぐにお腹を下してしまったという事例が多く報告されています。発展途上国などの水道インフラが整っていない国では、特に注意が必要です。現地ではミネラルウォーターを購入して、たとえ歯磨きやうがいの際でも生水は口に入れないようにしましょう。

  • 生魚、生野菜は食べない

    日本のような生で食材を食べる食文化が発達している国では、食材を傷めないために細心の注意を払っています。しかし、生食がまだまだ定着していない海外の国では、傷んだ食材を生食として提供してしまうということがあります。さまざまな菌の抗体ができている現地の人はそれを食べても平気な場合が多いですが、抗体のない日本人が食べると食中毒などの病気になってしまうのです。また、生野菜も現地の生水を使って洗って調理している場合が多いため、できるだけ食べるのを避けた方がよいでしょう。

  • 屋台の料理は食べ過ぎない

    東南アジアなどの国では、市場や繁華街などを中心に、たくさんの屋台が立ち並んでいる地域があります。屋台から漂う香ばしい匂いに誘われてついつい買い食いをしてしまうということがあると思いますが、できれば少量で抑えた方が賢明です。屋台の調理場は衛生環境が劣悪な場合があり、たとえ加熱していたとしても、食中毒などの病気にかかってしまう可能性があります。屋台の料理はほどほどにして、レストランなどを利用するようにすると、食中毒を避けることができるでしょう。

もしも、食中毒になってしまったら

対策をしっかり行っていたとしても、食中毒などの病気にかかってしまうことは多々あります。その場合の対処法についてご紹介します。

  • 水をたくさん飲む

    食中毒などの病気にかかってしまった場合に大切なのは、体内の毒素をできるだけ早く外に出すということです。食中毒にかかると、下痢や嘔吐が続き、身体は毒素を早く外に出そうとします。できるだけたくさんの水を飲んで、下痢や嘔吐を繰り返すことで、体内の毒素が外に排出され体調が元に戻ってきます。辛くてもとりあえず水をたくさん飲んで、体内の洗浄を行いましょう。また、下痢や嘔吐を繰り返えすことで、脱水症状になってしまう方もいます。このような症状が出たら、病院への搬送が必要になるので、脱水症状を起こさないためにも、繰り返し水を飲むようにしましょう。

  • 病院に行く

    それでも症状がいっこうによくならないという場合は、病院で医師に診察してもらいましょう。海外の病院で診察を受けると、保険が適用されないため治療費が高額になってしまうことがあります。出発前に海外旅行保険に加入しておき、万が一際、治療費の負担を軽くできるように準備しておきましょう。

お気軽にお問い合わせください