日本は世界的にみても、あらゆる面でのインフラが整っており、衛生環境は非常にいい国だといえます。先進国の中でも日本以上のインフラを持っている国は少なく、発展途上国の場合は多くの地域が日本よりも衛生環境が悪いといえます。そのため、海外旅行で体調を崩し病気にかかってしまう人が多く見受けられます。海外旅行に行く際には、現地の衛生環境が悪いことを見越して、医療保険などに加入しておくとよいでしょう。ここでは海外での衛生管理についてご紹介させていただきます。

日本とは異なる気候や風土

海外は、日本ほど下水やゴミ処理などのインフラが整っていない地域が多く、その分海外旅行に行った際には体調を崩したり、病気にかかったりすることがあります。また、日本とは異なった気候や風土を持っているため、日本ではあまりみられない、ウイルスや細菌が生息している場合があり、体調を崩したときなどはウイルスや細菌に感染してしまうことも多々あります。海外旅行に訪れる際には、現地の気候や風土、そこに生息するウイルスや細菌、またはどんな病気にかかりやすいかなどを知っておくとよいでしょう。現地の細菌やウイルスの感染を予防するには、海外旅行に出発する前には、しっかりと体調を整えることと、体調が少しおかしいなと思ったら無理をしないこと、抗生物質などを摂って安静にしておくことが必要です。身体の免疫が落ちているときは、特に注意が必要です。また、海外旅行の際に、自然でのアクティビティーを楽しむ場合はケガなどをしないように気をつけましょう。傷口からウイルスや細菌に感染すると、高確率で病気を発症してしまいます。体調を整え、薬を持っていくことはもちろんですが、出発前に医療保険に加入しておくなど、医療費の負担に備えておくことも大切です。

生水に注意

日本から海外旅行に行った方で体調不良を引き起こしてしまう原因として、現地の生水を飲んでしまったというものがあります。海外旅行の行き先によっては、水道水の消毒が行き届いていない場所も多く、生水を飲んでしまうと腹痛や下痢、感染症などにかかってしまいます。現地の水道インフラのレベルにもよりますが、海外旅行の際には、生水に十分注意しましょう。生水は、水道水だけでなく、お店で頼んだジューズの氷などにも使われています。そのため、注文する際に氷をなしにしてもらうなどの工夫が必要です。また、生物を飲食は避けるなど、生水との摂食はできる限り避けた方が賢明でしょう。場所によっては、歯磨きのときのうがいですら、腹痛や下痢の原因となってしまう場合があります。また万が一、生水が原因で体調不良や病気になってしまった場合の医療費の備えとして、医療保険に加入してから海外旅行に出発することをおすすめします。

動物との接触

海外で動物との接触がある場合は特に注意が必要です。気候や風土の違い海外に生息する動物には、日本にはいない細菌やウイルスがたくさんついている可能性があります。特に野生動物の場合は、どのような細菌を持っているかわからないため接触後にはしっかりと殺菌を行ない、細菌やウイルスの侵入を防ぎましょう。場合によっては病気にかかってしまう可能性もあるため、医療保険などに加入しておくことをおすすめします。医療保険に加入しておくことで、動物からの感染によって病気にかかったときの医療費の備えとなります。

終わりに

海外旅行には、犯罪やテロなどの目に見える危険だけでなく、細菌やウイルスなどの目には見えない危険がたくさんあります。病気やケガの際にかかる医療費の負担に備えて、医療保険に加入しておきましょう。医療保険にはさまざまな種類があるため、出発前に、現地の衛生環境を調べて、それに合わせて自分で衛星管理や医療保険のプランを考えるとよいでしょう。衛星管理や医療保険に加入して、健康に海外旅行を楽しみましょう。

お気軽にお問い合わせください