日本から比較的短時間でアクセスすることができる人気の海外旅行先、グアム。日本からの年間観光客数が多いことや、古くから日本文化も浸透していることから、グアムの現地人の多くは日本語を話すことができます。そのため、グアムは、英語ができない方にもおすすめの海外旅行先といえます。とはいえ、グアムは立派なアメリカ嶺の島国。いくら日本語を話せる人が多いとはいえ、現地人の全員に日本語が通じるかといえば、答えはNOです。そのため、グアムに行く際には、ある程度、英会話に役立つフレーズを覚えていったほうが良いでしょう。今回は、グアムの海外旅行で役立つ、便利なフレーズ集についてご紹介したいと思います。

グアムで使えるおすすめの基本フレーズ

みなさん、グアムで使用されている言語は、英語のみと思っていませんか?ですが、実際はそんなことはありません。グアムでは英語と同時に、チャロモ語という古くから現地人が使っている言語も話されています。海外旅行でグアムを訪れた際には、英語と一緒にチャロモ語も使ってみると良いでしょう。現地の方も親しみが湧いてくれるはずです。

  • グアムでの挨拶

    英語を話すグアムでは、多くの方が「ハロー」で挨拶をします。しかし、グアム旅行を一層楽しむには、チャロモ語を取り入れた挨拶がおすすめです。チャロモ語での挨拶は、「ハロー」ではなく「ハファ デイ」。「こんにちは」という意味です。グアム空港に降り立った際や街中で現地の方とすれ違った際には、「ハファ デイ」と挨拶してみるのがおすすめです。
    また、「ハファ デイ」と一緒に「ハファ ライ?」と声をかけると、よりグッド。「ハファ ライ?」というのは、「調子はどう?」という意味です。つまり、「ハファ デイ!ハファ ライ?」と声をかけることは、「Hello! How do you do?」と言っているのと一緒。是非とも、挨拶の際に使ってみましょう。

  • グアムでさようならを伝えるとき

    英語で別れを告げる際には、「シーユーアゲイン!(See you again)」と声をかけるのが一般的です。しかし、グアムのチャロモ語では違います。チャロモ語では別れを告げる際「アディオス!」と言います。気軽に使える上、覚えやすい言葉なので、グアムの店舗で物を購入した際や街中で誰かとすれ違った際、タクシーを降りた際などには、「アディオス!」と声をかけてみるのがおすすめです。

  • チャロモ語の数字…?

    英語で数時といえば、「ワン」「トゥー」「スリー」「フォー」…と数えるのが一般的です。しかし、チャロモ語では、数字の数え方が英語と異なります。チャロモ語の数字の数え方では、「ウン」「ドス」「トレス」「クアトロ」「シンク」…という英語とは別の言葉で数えます。
    グアムの街中の看板や店舗の商品などでこれらの文字を見つけた際には、数字だと思ってください。

終わりに

グアムへ海外旅行へ行く際には、英語はもちろん、ある程度のチャロモ語を学んでいくと良いでしょう。
そうすることで、より現地人と親しみやすくなり、快適なグアムでの海外旅行が送れるはずです。
チャロモ語の載ったガイドブックなどを持っていくのもおすすめです。

お気軽にお問い合わせください