インドネシアは、バリ島のような観光地、リゾート地も多く日本からも1年を通して多くの観光客が訪れています。日本人にとってはバリ島が一番馴染み深い地域ですが、インドネシアは大小さまざまな島国によって成り立っており、時差にすると2時間もの差があるほどに広大な国です。そのため、地域によって医療事情も異なっています。また、テロや内紛、紛争が続いている地域もあり、治安や情勢が不安定なことから、病気やケガをしてもまともな医療を受けることができない地域もあります。このようなことを踏まえて、海外旅行先をインドネシアにする際には医療保険や海外保険に加入しておくことをおすすめします。

医療機関のレベル

インドネシアは全土が発展途上の状態にあり、日本に比べると医療レベルがまだ整っていない場合があります。保険に関してもまだまだ制度が整っておらず、現地の病院や医療機関で治療前に、高額な金額を提示される可能性があります。このときに海外保険や医療保険に加入していなければ、経済的に大きな負担となってしまうでしょう。このような経済的なリスクや負担に備えるためには、海外保険や医療保険への加入が必要です。

公営と民営の違い

インドネシアには、公営の医療機関と民営の医療期間があります。公営の医療機関は、比較的医療費が低く、救急車などな無料で使いことができます。民営の場合は、救急車を利用する場合、日本で15,000円以上が必要です。救急車以外では、そのほかの治療にかかる費用は同じで、保険がきかない分、医療費は高額です。初診料は7,000円程度で、入院の際には部屋のタイプによって10万円以上が必要になる場合もあります。手術や長期の入院が必要になるとさらに医療費は高額になるので、ケガや病気には十分に注意するべきでしょう。民営の医療機関の方が公営の医療機関よりも割高なため、体調不良や病気の際には、できるだけ公営の医療機関を利用するようにするとよいでしょう。また、医療費が高額になっても大丈夫なようにインドネシアに海外旅行に訪れる際には、医療保険や海外保険に加入しておくようにしましょう。

民営の医療機関の保障金

インドネシアは基本的に医師不足となっており、病院は常に混雑しています。特に医療費を比較的抑えることができる公営の病院は現地の人でごった返しており、観光客の診療が難しい場合もあります。そのため、海外旅行中に病気やケガで病院に行く際には民営の医療機関を利用せざるおえない場合が多々あるのです。しかし、民営の医療機関は基本的な医療費が高額であり、診察前に保証金を要求される場合があります。場合によっては数千米ドル以上が必要になる場合があるので、経済的に大きな負担となってしまいます。このような医療費の負担を軽くするためには、医療保険や海外保険に加入しておく必要があるでしょう。海外旅行でインドネシアに行く際には、医療保険、海外保険へ加入しておきましょう。

終わりに

インドネシアは自然が豊富な地域で、海外旅行で訪れた方の中には、海や山でのアクティビティーを楽しむ方も多いです。アウトドアでのアクティビティーは危険を伴うことも多いので、ケガをしてしまう確率が高くなりなす。万が一のケガをしてしまったとき、現地の医療機関で治療してもらうと、確実に医療費は高額となり大きな経済的な負担となってしまいます。このような負担を軽減するためにも、海外旅行でインドネシアを訪れる方は、医療保険や海外保険に加入するようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください