海外旅行の楽しみのひとつとして挙げられるのが、ショッピングです。日本では購入できない海外ならではのご当地品を購入しようと、胸を弾ませる方も多いのではないでしょうか?しかし、海外旅行のショッピングには、気を付けなければならない点がいくつかあります。
今回は、海外旅行先で安心・安全・満足にショッピングを楽しむための注意点についてご紹介します。

接客に誘惑されない

海外旅行へ行くと、つい開放的な気分になりがちです。現地の外国人に手を振られたり、声をかけられたりすると、「外国人って、フレンドリーでいいなぁ」なんて思ってしまう方も多いでしょう。
しかし、そんな状態でショッピングに出掛けるのはおすすめできません。首からカメラをぶら下げ、ブランド品なんかを身に付けた日本人は、外国人にとって格好の餌食。ショッピング施設に入って商品を手に取れば、すぐにスタッフが寄ってきます。スタッフは、日本人がお金を持っていることを分かっているのです。そして、愛想の良い接客で商品をグイグイ勧めてきて、なかなか店を出させてはくれません。
流されやすい日本人は、「買わないといけない空気だし…まぁ、せっかくの海外旅行だし、いいっか!」と商品を購入するはめに。

紙幣に注意

ドルやユーロは、私達日本人にとって普段触れる機会の少ない通貨です。そのため、中にはドルやユーロの仕組みを知らないままショッピングをする方もいるはずです。しかし、それは大変危険な行為。
ドルやユーロの仕組みを知らない状態でショッピングを行えば、支払い料金やお釣りを誤魔化されても気づきません。料金やお釣りの誤魔化されないためにも、海外旅行先の通貨の仕組みは、しっかり理解しておきましょう。また、私達日本人には、提示されるがままの料金を支払う、お釣りをいちいち数えないなどの習慣があります。
海外旅行先のショッピングでは、国内でショッピングをするとき以上に警戒心を持ち、購入する商品の値札と提示された料金が一致しているか、受け取ったお釣りが正確であるかなどを毎度確認するようにしましょう。

クレジットカード利用時には確認を怠らない

海外旅行先のショッピング施設の中には、悪質な手口で二重の料金を巻き取ろうとするところがあります。
その格好の餌食となるのが、クレジットカード決済です。
クレジットカードを利用する際には、二重スキャンや金額の誤魔化しを防ぐため、しっかりと見張っておくことが重要です。スキャンと金額確認は、怠らないようにしましょう。

ブランド品を持って行動しない

海外旅行先の免税店などに行けば、通常より安くブランド品を購入することができます。それもあって、各海外旅行先でブランド品を購入される方は多いでしょう。高級なバッグや財布、時計などを購入した後は優越感にかられ、そのブランドのショップ袋などを持って行動したくなるものです。
しかし、その行動は、スリに「私はお金が沢山あります」とアピールしているのと同じこと。ひったくりに狙われやすくなるだけです。ブランド品を購入した際にはそのまま行動せず、一度ホテルに戻って商品を保管するようにしましょう。

終わりに

海外旅行の醍醐味のひとつであるショッピング。後々ガッカリしないためにも、細心の注意を払って楽しみましょう。

お気軽にお問い合わせください