日本は世界的にみても治安が安定している国で、日常生活を送っているなかで事件や犯罪に巻き込まれてしまう可能性はそれほど高くありません。しかし海外には、日本とは違い治安が安定していない国がたくさんあります。治安が安定していない国では治安当局が機能しておらず、内乱、内戦状態に陥っている国もあるため、旅行としての渡航は控えるべきでしょう。また、比較的治安が安定している国であっても、スリや強盗、恐喝などの犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。日本人が多く訪れる観光地であっても、犯罪に巻き込まれる可能性は日本で生活しているよりも高いことのほうが多いのです。そのため、海外に渡航する際には犯罪に巻き込まれないためのポイントを知っておいたほうがよいでしょう。また、万が一の事態に備えて、海外旅行保険へ加入しておくことをおすすめします。

外務省の海外安全情報を事前にチェック

まず、旅行や出張で海外への渡航を検討中の方は、外務省の海外安全情報を事前にチェックすることをおすすめします。外務省の海外安全情報は、国や地域ごとの社会情勢に合わせて更新されるので、渡航先の治安の最新情報を知ることができます。海外安全情報にはその国や地域の危険情報も記載されており、渡航中に犯罪や事故に巻き込まれる可能性が高い場合は、渡航の延期、中止を喚起する場合があります。自分の渡航先の治安に関する最新情報が欲しい、どの地域が特に危険であるのかを知りたいという方は、外務省の海外安全情報をチェックしておくことをおすすめします。

窃盗や盗難に気をつける

海外旅行で一番に巻き込まれやすいのが、窃盗や盗難です。発展途上国だけでなく、アメリカやヨーロッパのような先進国でも窃盗や盗難の被害に合う方は非常に多いため注意が必要です。持ち歩く荷物は最小限に抑えて、お金は必要な分だけ持つなど、被害を最小限に抑えられるよう対策することをおすすめします。また、かばんはしっかりとチャックができるものにするなどの工夫も大切です。かばんを背中に背負ったり肩にかけたりするのではなく、自分の前で抱きかかえるように持ち、スキを与えないように気をつけましょう。もし海外旅行保険に加入していれば、損害を負っても保険金を受取ることができるので、出発前に海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

日没から早朝にかけての外出

日没後から早朝にかけての時間は、一番犯罪に巻き込まれやすい時間帯です。この時間帯の外出はなるべく控えるようにしましょう。特に治安が安定していない国では、窃盗や犯罪、殺人のほか、女性は強姦などに合う危険性が非常に高くなっています。どうしても夜間に外を出歩く場合は、ホテル、レストラン、銀行、警察署などすぐに逃げ込める場所を確保しておくことをおすすめします。また少しでも人通りの多い場所を選んで歩くようにするなど、常に犯罪に巻き込まれるリスクを想定することで犯罪に巻き込まれるリスクを軽減することができます。また、あらかじめ海外旅行保険に加入しておけば、窃盗や盗難、ケガ、病気になった際に補償を受けることができます。そのため、海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

移動時の注意

海外では、タクシーで犯罪に巻き込まれるケースも多く見受けられます。海外ではタクシーやトゥクトゥクなど交渉制のものも多く、現地の標準価格がわからない観光客は標準では考えられないような大金をふっかけられることが多々あります。タクシーを使う場合はホテルに呼んでもらったものを利用するとよいでしょう。また、外でタクシーを拾う場合は先に値段交渉をして、後々ふっかけられないように料金を先に設定するようにするとよいでしょう。移動時は、海外旅行のなかでも犯罪に巻き込まれやすいシチュエーションです。前もって移動が多い旅になることがわかっている場合は、海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

日本の常識は海外の常識ではありません。危険に巻き込まれないためには、最低限の警戒心を持っておく必要があります。せっかくの旅を悪い思い出にしないためにも、旅行中は最低限の警戒心と緊張感を持って外出するようにしましょう。また、万が一の自体に備えて海外旅行保険に加入しておくと、窃盗や盗難、病気やケガによってかかった損害が補償されます。出発前に海外旅行保険に加入するようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください