近年はバリ島の人気が高まっていることもあり、インドネシアを海外旅行先に選ぶことも珍しくありません。海外旅行を取り扱う旅行会社もインドネシア行きのツアーを組んでいるところが多く、比較的行きやすい国だといえます。しかし、インドネシアで海外旅行を楽しむためには、治安には十分に注意しなければいけません。インドネシアは政治や経済のほかに民族や宗教の問題もあるため、首都のジャカルタやバリ島などでも治安がいいとはいえません。日本と同じ感覚でいると、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いのです。
そこで今回は、インドネシアでの海外旅行を楽しく過ごすために、実際に起きた事故やトラブルの例や注意点についてご紹介します。

スリ・ひったくりに注意

インドネシアで最も注意が必要なのが、スリやひったくりです。インドネシアは前述のように治安があまり良くない国であるため、無警戒で人ごみのなかを歩くとこういった被害にあう可能性は高くなります。スリの被害は、路上はもちろんのことバスや電車の車内、ホテルのロビーやレストランでの置き引きなどが頻繁に起こっています。海外旅行者が集まる場所は狙われやすいため、バッグを持ち歩くときは常に注意しておきましょう。また、集団でのスリは抵抗するとナイフなどでおどされる場合があるため、少しでも怪しい一団を見つけたら近づかないようにするべきです。加えて、ひとり歩きしないことも大切です。できる限り集団で行動しましょう。
ひったくりは、バイクを使ったものが多いようです。海外旅行者が多い路上では被害にあいやすいため、バッグを車道側に持たないようにしましょう。

親切な人にも警戒を

インドネシアでは、日本語で話しかけてくる人が多く見られます。バリ島が観光地として人気になっていることもあり、日本語がしゃべれる人が増えているのです。しかし、こういった人たちは善意で話しかけてくれる人もいますが、なかには何か企みをもって話しかけてくる人もいます。たとえば道を案内すると言われてついて行った先で襲われたり、詐欺に巻き込まれたりといったことが起こっています。
日本ではこういったことが少なく、また異国の地で日本語でしゃべりかけられると警戒心が下がってしまうため、ひっかかりやすいのです。向こうから話しかけられた場合には、まず疑うことを覚えておきましょう。
また、インドネシアでは両替の際にトラブルに巻き込まれることもあります。ほかよりも良いレートで交換すると言われ、結果的に少なく渡されるというケースが頻発しているのです。こういった場合、一度立ち去ってしまうとクレームを受け付けてくれないため、その場で抗議するしか方法はありません。親切さを信じることも大切ですが、自分でもしっかりと計算しておきましょう。不安であれば、銀行などで両替するといいでしょう。

インドネシアでは、海外旅行客を狙ったスリやひったくりなどが頻発しています。旅行先に選ぶ場合にはこのことを忘れないようにし、トラブルに巻き込まれないよう注意しておきましょう。

お気軽にお問い合わせください