流行の最先端ともいえる花の都パリをはじめ、フランスは観光地としても非常に人気の高い国です。もちろん日本人観光客からも人気を集めていて、海外旅行先としては定番ともいえます。海外旅行先では文化や国民性の違いなどから事故・トラブルが起きやすいものですが、フランスにおいてもそれは変わりません。フランスの場合、どのような事故・トラブルがおこりえるのでしょうか? ここでは、実際に起こった事故・トラブルの例をご紹介します。

スリに要注意

フランスは数年前までは治安が良く、少し気をつけておけば大したトラブルも起きないとされていました。ところが近年、スリの被害件数が急激に増えていて、海外旅行中の日本人の被害者数も右肩上がりになっています。
スリのなかでも、集団で行われるケースが増えています。たとえば電車に乗っているとき、周りを子供たちに囲まれて複数方向から盗られるという被害があります。ひとりが話しかけて気を引いているうちに犯行に及ぶ手口が多く、少しの隙に盗られてしまいます。
こういったスリに遭わないためには、まず電車内で子供の集団に近づかないことです。電車に乗るときにそういう集団を発見したら、乗らないようにしましょう。フランスでは子供だけで電車に乗ることが少ないため、スリ集団の可能性が高いのです。また、バッグ類はきちんと口を閉じておくのはもちろんのこと、ピンやリングなどで簡単に開かないようにしておくことも大切です。日本の電車に乗る感覚でいると簡単に盗られてしまいます。海外旅行先では、日本ではないという意識をしっかりと持ちましょう。

手伝い詐欺

海外旅行中の日本人にとってスリと並んで危険なのが、詐欺です。詐欺にはさまざまな種類がありますが、海外旅行中の日本人が引っかかりやすい手伝い詐欺の例をご紹介します。
手伝い詐欺は文字どおり、手伝う振りをして詐欺を働くというものです。たとえば駅で切符を買おうと有人窓口に並んでいると、首から名札を下げた職員らしき人に声をかけられるというケースがあります。その職員らしき人に無人の券売機のほうに連れられ、クレジットカードで買えるからとカードを機械に入れさせられますが、このカードは使えないといって結局現金で購入させられます。実はこの時点ですでにカードの情報が盗まれていて、ホテルに着いた頃には決済されたあとです。
このほか、切符を代わりに買ってあげるといわれてお願いすると、子供用の切符を渡されたりするケースもあります。子供用切符で乗っているのを見つかると高額な罰金を取られるため、こちらも注意が必要です。また、子供用の切符だけでなく、使用済みのものを売られる可能性もあります。どちらにせよ、駅で不用意に人の誘いに乗らないというのは覚えておきましょう。

終わりに

今回ご紹介したように、フランスではスリや詐欺が多くなっています。かなり強引な手段で犯行に及ぶケースも少なくないため、海外旅行中は十分に注意しましょう。自分は被害に遭わないと考えるのではなく、常に自分も危険だという認識をもって行動することが大切です。

お気軽にお問い合わせください