「海外旅行」と聞いてどのようなことを想像しますか?「観光地」や「グルメ」、「買い物」など、楽しいことだけが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。しかし、楽しい海外旅行にも思わぬ事故の危険性があることを頭に入れておきましょう。
思わぬ事故やトラブルに備えて入っておくべきなのが海外旅行保険です。
交通事故はもちろん、飛行機の墜落事故や乗り物や宿泊先の火災事故、山や自然公園などで発生する落石事故など、旅行にまつわる事故は様々。また、手荷物の紛失や、航空機・手荷物遅延などトラブルも、海外旅行保険では旅行事故として扱っています。様々なケースに対応した補償があるため、いざというときの事故やトラブルに備えて海外旅行保険に加入するのは、とても良い選択だといえます。

旅行先で考えられる事故やトラブル

旅行先での事故の一つとして、飛行機の遅れや預けた手荷物が届かないなどのトラブルが挙げられます。また、飛行機が長時間遅れた場合、ホテルの宿泊料やキャンセル料が発生してしまう場合もあります。さらに、手荷物が届かない場合、その間の着替えなどを現地で揃えなければいけません。海外旅行保険に加入しておけば、飛行機遅延が原因によるホテルの宿泊料やキャンセル料を自費で出す必要はありません。また、手荷物が届かない間に買い揃えた着替えなどの費用も受け取ることができます。

大きな事故としては、海外旅行先で交通事故に巻き込まれたり、レジャーを楽しんでいる際に事故に遭ったりなどのケースが挙げられます。こういったトラブルや事故、怪我を負う可能性は誰にでも起こり得るものです。
海外で治療を受ける際には平均的に数十万~数百万円の医療費が請求されるケースが多いとされています。中には、海外旅行中に骨折して約400万円もの大金を支払うはめになったという日本人もいるのです。しかし、海外旅行保険に加入しておけば、高額な医療費や入院費などを補償でき、金銭的な負担が軽減されます。金銭的な負担があると、せっかくの海外旅行を楽しめなくなる可能性もあるのです。

旅行先で自分がトラブルを起こす可能性もある

「自分なら大丈夫」と思っていても気が緩んでしまったことが原因で、自らがトラブルを引き起こす可能性もあります。例えば、宿泊先のお風呂でお湯を出したまま部屋を離れてしまい、室内を水浸しにしてしまったり、ホテルの壁やカーペットに汚れや染みを付けてしまったり。思わぬ油断から個人賠償責任を問われることがあるのです。また、レンタカーなどを盗まれてしまった場合にも、借りた本人に個人賠償責任が発生します。このような思いがけないトラブルでも、海外旅行保険では補償してくれます。

日本では、「個人賠償責任保険」というものがあります。これは、日常生活でこのような事故が発生したときに補償される保険のことです。しかし、海外旅行先で起きた個人賠償責任事故は、日常生活の範疇ではないとして保険は適用されません。よって、海外旅行に行く際には海外旅行保険に加入するのが最適。海外旅行保険によっては、約1,000万円の賠償額を補償してくれるものや、万が一他人に怪我をさせてしまった際でも補償されるものがあります。どのようなトラブルが起きるかわからない海外旅行先では、確かな補償を受けられる海外旅行保険に加入し、万が一のために備えておくのが望ましいといえます。

終わりに

海外旅行先では、気を緩めて迂闊な行動を取った結果、事故やトラブルを引き起こす可能性があります。もちろん、気を緩めていなくとも事故に巻き込まれる可能性も否定できません。安心して海外旅行に行くためにも、海外旅行先での様々なトラブルから私たちを守ってくれる海外旅行保険に加入するのがおすすめです。

お気軽にお問い合わせください