海外旅行へ行く際には、事前に海外旅行保険へ加入しておきましょう。海外旅行保険に加入しておけば、万が一事故やトラブルに遭遇したときに様々な補償を受けることができます。今回は、海外旅行保険の数あるメリットについてご紹介いたします。

知ってた?海外の治療費も日本の健康保険でカバーできる

海外旅行保険に関して、多くの方はこう認識されているのではないでしょうか?
「海外の医療費は日本の健康保険の補償対象外。だから、万が一海外で事故や怪我をしたときに備えて、海外医療保険に加入しておく必要がある。」しかし、これは大きな間違いです。
平成13年の1月より、海外渡航中の医療費も国民健康保険の給付対象となりました。つまり、海外の医療費も国民健康保険の対象として含まれるのです。国民健康保険の適用となるものであれば、帰国後の申請によって、支払った医療費の一部が払い戻しされます。
このとき、海外での医療費は日本国内で同様の病気や怪我をして治療を受けた場合と同様の金額へと変わり、その金額から3割負担をする形となります。そのため、海外の医療費と日本の医療費の差額は、給付金として戻ってくるのです。なお、この制度を利用する際には、海外の医療機関、日本の医療機関において、手続きが必要となります。
海外での診断書も必要になりますので、帰国前には必ず問い合わせて準備しておきましょう。

知って便利!海外旅行保険の本当のメリット

  1. 日本語サポートが受けられる

    海外旅行先で事故や怪我をしたときに利用するのが、現地の医療施設。その際に発生しがちなのが、言葉が思うように通じないという言語リスク。言葉が通じなければ、医療施設での手続きや診療がスムーズに進みません。しかし、海外旅行保険に加入していれば大丈夫。海外旅行保険には、現地での24時間言語サポートを受けることができます。よって、海外旅行先の言葉が話せないという方でも、万が一のときには安心です。
    なお、海外旅行先の国によっては、日本人医師が在籍する医療施設を紹介してもらえることもあります。

  2. キャッシュレスで治療費が支払える

    海外旅行先では、日本の健康保険は適用されません。そのため、医療施設での治療費は驚くほどの高額になってしまうケースがほとんど。このとき、海外旅行保険に加入していれば、その高額な医療費をキャッシュレスで支払うことができます。
    方法はとても簡単。治療前に保険会社と連絡をとり、指定された医療施設で治療を受けるのみです。
    なお、万が一自分で治療費を払ってしまったという場合でも、帰国後に保険会社へ治療費を請求することができ、補償額までの自己負担は掛かりません。

このほか、保険会社によっては、以下の補償も受けることができます。

  • 携行品の損害補償…海外旅行中に破損してしまった所持品の修理費用が補填されます。
  • キャンセル費用の補償…身内の不幸や病気、怪我などによって旅行をキャンセルせざるを得なくなったとき、キャンセル費用を補償してもらえます。
  • 救護費用の補償…トラブルが生じた際、旅行先に家族を呼び寄せる費用を補償してもらえます。

終わりに

海外旅行では、何が起こるか分かりません。仮に事故やトラブルに巻き込まれて医療施設を利用することになった際には、高額な医療費が掛かってしまいます。
海外旅行へ行く前には、「万が一」に備えて、海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください