このページは保険の特長を説明したものです。詳しくは商品パンフレットPDFをご覧ください。

  • 2016年4月1日以降始期契約についてのご説明です。
  • 2016年3月31日以前始期契約の方はパンフレットPDFをご覧ください。

死亡されたとき

死亡保険金

急激かつ偶然な外来の事故によってケガをし、事故の発生日からその日を含めて180日以内に被保険者の方が死亡された場合を補償します。

後遺障害が残ったとき

後遺障害保険金

急激かつ偶然な外来の事故によってケガをし、事故の発生日からその日を含めて180日以内に被保険者の方に後遺障害が生じた場合を補償します。

  • 後遺障害等級第1~14級のうち第1~7級に掲げる保険金支払割合(100%~42%)を適用すべき後遺障害に限定してお支払いします。

入院されたとき

入院保険金

急激かつ偶然な外来の事故によってケガをし、事故の発生日からその日を含めて入院保険金の支払対象期間(180日)内にそのケガの治療のため病院・診療所に入院された場合を補償します。

手術を受けたとき

手術保険金

急激かつ偶然な外来の事故によってケガをし、事故の発生日からその日を含めて180日以内にその治療のために手術を受けられた場合を補償します。

通院されたとき

通院保険金

急激かつ偶然な外来の事故によってケガをし、事故の発生日からその日を含めて通院保険金の支払対象期間(180日)内にそのケガの治療のため病院・診療所に通院された場合を補償します。

  • 実際に通院された日のみを補償対象とします。また、お支払いする通院保険金は、保険期間を通じ30日(支払限度日数)をもって限度とします。
  • (注)パンフレットP6~7の「保険金をお支払いする場合、保険金をお支払いしない主な場合(1)基本補償(傷害保険金)」を必ずご覧ください。

おすすめオプションはこちら

お気軽にお問い合わせください