• 2014年7月14日

〜ECOM駿河台を「クールシェアスポット」に登録〜
環境省が推進する「クールシェア」に参加します

三井住友海上火災保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、7月14日から、環境省が推進する「クールシェア」に参加します。

「クールシェア」とは、夏の暑い日に一人一台のエアコンの使用をやめて、涼しい場所をみんなでシェアしようという取り組みで、環境省が進める省エネ策の一つです。当社は、この「クールシェア」に賛同し、地域住民の皆さまとの交流施設である「ECOM駿河台(千代田区神田駿河台)」を「クールシェアスポット」に登録します。

三井住友海上では、かねてから「ECOM駿河台」において環境をテーマとする展示や各種イベントを開催してきましたが、電力不足が深刻化する夏の時期に向けて、地域住民の皆さまとともに省エネ・節電に取り組み、地球温暖化の防止に貢献することを目的に「クールシェア」への参加を決定しました。

今後も、環境負荷の低減を図り、緑あふれる快適で安全なまちづくりを目指します。

1.「クールシェア」について

COOLSHARE

環境省は、夏の電力不足に対処するために、冷房の設定が28℃でも快適に過ごせるライフスタイルである「クールビズ」から一歩踏み込み、さらなる軽装や勤務時間を朝型シフトへ変更する「スーパークールビズ」を推進しています。
さらに、2012年からは「冷房を消して、涼しいところに集まろう」をコンセプトに、楽しみながら節電できる「クールシェア」の取り組みが追加されました。地域の方々が気軽に集まって涼むことができる「クールシェアスポット」は、オンライン上の地図「シェアマップ(※)」で紹介されています。

2.「ECOM駿河台」について

ECOM駿河台

2012年5月にオープンした「ECOM駿河台(エコムスルガダイ)」は、環境(ECO)とコミュニケーション(COMMUNICATION)をテーマとする施設です。環境や自然に関する情報発信や地域交流の場として運営しており、地域住民の皆さまが気軽に参加できる講座やワークショップを開催しています。

住所:東京都千代田区神田駿河台3丁目11番地1号

ご参考

「ECOM駿河台」に隣接する三井住友海上駿河台ビルと駿河台新館は、総敷地面積17,387m2のうち、7,543m2を緑化しており、43.4%という高い緑化率を誇ります。駿河台ビル低層部分の屋上には緑地面積2,614m2に及ぶ庭園があり、庭園の表面温度は、周辺の幹線道路やビルの屋上よりも20℃以上低く、ヒートアイランド現象の緩和にも貢献しています。

以上