• 2014年6月4日

〜シニア世代の起業を支援〜
新サービス、ゼロから始める「起業家育成塾」を開始

三井住友海上火災保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、7月3日から、シニア世代の起業を支援する新サービス「起業家育成塾」を開始します。

「起業家育成塾」は、これまでの経験やアイデアを基に、新たにビジネスを立ち上げたいと考えているシニア世代の方々を対象としたサービスで、資金調達、営業戦略、会計、税務、労務、知財戦略など、会社の設立からビジネスを軌道に乗せるまでの初期対応を実践的に支援するものです。起業の意欲とビジネスのアイデアを持っている方であれば、どなたでも無料で参加いただけます。東京を皮切りに、今年度下期以降は全国の主要都市でも順次展開していく予定です。

当社では、今後もお客さまのニーズに応える商品・サービスの提供に努めていきます。

1.「起業家育成塾」の概要について

(1)対象者
起業を考えている個人
(2)開始時期
2014年7月3日(月)から全8回
※6月18日(水)に本企画を説明する「プレセミナー」を実施
(3)参加費用
無料
(4)開催場所
東京(今後、全国で順次展開予定)
(5)協賛
株式会社船井総合研究所
(6)内容
自身のアイデアを実際のビジネスとして具現化し、成長軌道に乗せるまでの対応について、専門家による実務指導や起業家による体験談の講演等を通じて支援します。

2.サービスの狙いと背景

新たにビジネスを始めようと考えている起業家が抱える課題として、「会社設立からビジネスを軌道に乗せるまでの初期対応」が挙げられます。一方、当社は金融庁から、中小企業に対して専門性の高い支援を行う企業・団体に与えられる「経営革新等支援機関」に認定されるなど、無料の会員組織「経営サポートセンター」の運営を通じて培った、初期対応を含む経営サポートに関する広範なノウハウがあります。
本サービスは、こうしたノウハウの提供や、当社のビジネスマッチングサービスを通じた大手・中堅中小企業の取引先紹介等により、ビジネスを始めようとする個人の起業家を支援するものです。
また、震災復興支援の観点から、被災地で起業支援を実施している団体等とも連携し、本サービスを被災地での新たなビジネス創出に活用します。

【ご参考】経営サポートセンターについて

会員企業数:
約11,600社
サービス概要:
中堅・中小企業を対象とする無料の会員組織です。弁護士、税理士、社会保険労務士等の外部専門家と提携し、経営に関するさまざまなご質問にお答えするほか、各種セミナーやメールマガジンなどを通じて、企業経営に有用な情報を提供しています。

「起業家育成塾」カリキュラムの詳細

  日程 テーマ 概要(予定)
プレセミナー 6/18(水)
18:00〜19:30
「起業家育成塾」の概要 企業で失敗しないためのポイント、起業家育成塾カリキュラム説明 等
第1回 7/3(木)
13:00〜17:00
起業の流れ 起業するにあたって押さえておくべきポイント、会社設立の方法 等
第2回 7/28(月)
13:00〜17:00
事業内容の「見える化」 事業計画の書き方、SNSなど会社経営で使えるITツール 等
第3回 8/7(木)
13:00〜17:00
市場調査の方法、売上計画・利益計画の立て方 市場調査の方法、売上・利益計画の立案、ITを活用した会計 等
第4回 8/28(木)
13:00〜17:00
営業手法について 顧客開拓の手法、起業後の日常経理(個人事業主編) 等
第5回 9/9(火)
13:00〜17:00
組織体制と雇用 従業員・スタッフの雇用、起業後の日常経理(法人編) 等
第6回 9/29(月)
13:00〜17:00
中間事業計画発表会 中間事業計画発表、雇用に関わる法律と助成金 等
第7回 10/7(火)
13:00〜17:00
外部資源の活用 行政等の支援・補助金制度、東北被災地での起業支援制度 等
第8回 10/24(金)
13:00〜17:00
アイデアやノウハウの「権利化」 商標・特許の戦略と実務、ビジネスとしての保険代理店 等

以上