• 2014年4月8日

「全日本選抜柔道体重別選手権大会」で
近藤亜美選手が優勝し、世界柔道選手権日本代表に選出!
山岸絵美選手、中村美里選手が準優勝

三井住友海上火災保険株式会社

4月5日(土)〜6日(日)に福岡国際センターで開催された「平成26年 全日本選抜柔道体重別選手権大会」に当社女子柔道部(監督:柳澤 久)から7名の選手が出場し、近藤亜美選手(48kg級)が優勝、山岸絵美選手(48kg級)、中村美里選手(52kg級)が準優勝しました。また、大会後の全日本柔道連盟強化委員会にて世界柔道選手権(8月25日〜31日/ロシア・チェリャビンスク)の代表選手選考が行われ、近藤選手が日本代表に選出されました。

大会結果詳細

近藤亜美選手(48kg級) 優勝 <世界柔道選手権 日本代表>

1回戦を黒江選手(北関東綜合警備保障)に大内返で一本勝、2回戦は十田選手(自衛隊体育学校)に指導2を与え、本大会初出場にして決勝戦に進出。決勝戦は当社・山岸絵美選手との同門対決で、序盤に得意技の払腰で有効を奪い、優勝しました。

山岸絵美選手(48kg級) 準優勝

1回戦を高橋選手(修徳高校)に足車で一本勝、2回戦は山﨑選手(山梨学院大学)に大外刈で有効を奪い、順調に決勝戦に進出しました。決勝戦は当社・近藤亜美選手との同門対戦の結果、準優勝となりました。

中村美里選手(52kg級) 準優勝

1回戦は角田選手(東京学芸大学)を出足払の技ありで、2回戦は谷本選手(ALSOK)を腕挫十字固の一本勝で勝利し、決勝戦に進出しました。決勝戦では、試合中盤に掛けた大外刈が返され、西田選手(了徳寺学園職)の有効(大外返)となり、指導3を奪うなど積極的に攻めましたが、準優勝となりました。

阿部香菜選手(63kg級) 1回戦敗退

1回戦で西川選手(龍谷大学)と対戦し、双方が技ありを奪う接戦でしたが、指導2の差で初戦敗退しました。

新井千鶴選手(70kg級) 1回戦敗退

1回戦で高橋選手(和歌山県庁)と対戦し、指導2を与えるなど善戦しましたが、試合終盤に袈裟固で一本負となりました。

吉村静織選手(78kg級) 1回戦敗退

1回戦で日髙選手(大阪体育大学)に、試合開始早々に出足払で有効を奪われ、指導3を奪うなど果敢に攻めましたが、タイムアップとなり初戦敗退しました。

稲森奈見選手(78kg超級) 1回戦敗退

1回戦で第1シードの田知本選手(ALSOK)と対戦し、一回り身体の大きい相手に奮闘しましたが、指導3を奪われ初戦敗退しました。

48kg級で優勝した近藤選手(左)、準優勝した山岸選手(右)
写真提供:アフロスポーツ

  • 初出場で初優勝し、世界柔道選手権
    日本代表に選ばれた近藤選手
    写真提供:アフロスポーツ
  • 準優勝した中村選手
    写真提供:アフロスポーツ

以上