• 2013年9月10日

「第43回全日本実業柔道個人選手権」で山岸絵美選手が優勝、
玉置桃選手、塩瀬絢子選手が準優勝、石井優花選手が3位に入賞!

三井住友海上火災保険株式会社

8月31日(土)〜9月1日(日)に兵庫県・尼崎市で開催された「第43回全日本実業柔道個人選手権大会」に当社女子柔道部(監督:柳澤 久)から8名の選手が出場し、山岸絵美選手(48kg級)が優勝、玉置桃選手(57kg級)、塩瀬絢子選手(63kg級)が準優勝、石井優花選手(70kg級)が3位に入賞しました。

大会結果詳細

山岸絵美選手 48kg級 優勝

初戦(2回戦)は縦四方固で、3回戦は大外刈からの崩袈裟固で一本勝し、準決勝では大外刈で有効をとり優勢勝と、順当に決勝戦に進出しました。決勝戦は田上愛香選手(ヤックス)と対戦し、縦四方固で一本勝し、2度目の優勝を果たしました。

玉置桃選手 57kg級 準優勝

初戦(2回戦)は大内刈で、3回戦は一本背負からの抑込で一本勝し、準決勝ではロンドンオリンピック金メダリストの松本薫選手(フォーリーフジャパン)と対戦し、小外刈で有効をとり優勢勝しました。決勝戦では石川慈選手(コマツ)に腕挫十字固で一本負し、準優勝となりました。

塩瀬絢子選手 63kg級 準優勝

57kg級から階級を上げて臨んだこの大会、初戦(2回戦)は一本勝、3回戦は大腰で技ありをとり優勢勝、準決勝では一本背負投と小外掛で合技一本勝し、順調に決勝戦に進出しました。決勝戦は大住有加選手(JR東日本女子柔道部)と対戦し、崩上四方固で一本負し準優勝となりました。

石井優花選手 70kg級 3位

初戦、2回戦を一本勝し、準決勝に進出しました。準決勝では小島佑香選手(JR東日本女子柔道部)と対戦し、裏投の技ありでリードを奪いましたが、試合終盤に払巻込で一本を奪われ、3位入賞となりました。

上村凜歩選手 63kg級 3回戦敗退

初戦(2回戦)は内股で一本勝しましたが、3回戦では優勝した大住有加選手(JR東日本女子柔道部)に大外刈で一本負しました。

吉村静織選手 78kg級 2回戦敗退

初戦は崩袈裟固で一本勝しましたが、2回戦では濱田尚里選手(自衛隊体育学校)に送襟絞で一本負しました。

髙山莉加選手 78kg級 2回戦敗退

初戦は抑込で一本勝しましたが、2回戦では只野真梨枝選手(九州旅客鉄道)と延長戦の末、旗判定(0−3)で敗退しました。

稲森奈見選手 78kg超級 2回戦敗退

初戦は有効2をとり優勢勝しましたが、2回戦では優勝した山部佳苗選手(ミキハウス)に払腰で一本負しました。

  • 2度目の優勝を飾った山岸選手
    写真提供:アフロスポーツ
  • 初出場で準優勝した玉置選手
    写真提供:アフロスポーツ
  • 準優勝した塩瀬選手
    写真提供:アフロスポーツ
  • 3位に入賞した石井選手
    写真提供:アフロスポーツ

以上