• 2013年5月17日

台湾現地法人がCSRアワード“教育推進部門模範賞”を受賞

三井住友海上火災保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)の台湾現地法人である明台産物保険(股)公司(以下、明台社)は、現地の有力ビジネス誌「遠見雑誌※」が主催する「第9回企業社会責任賞(CSRアワード)」において、“教育推進部門模範賞”を受賞しました。

今回の受賞は、明台社がCSR活動の一環として取り組んでいる小学校向けの安全推進活動が高く評価されたもので、日系企業ならびに損害保険会社の受賞は、明台社が唯一となります。

当社は、今後も世界トップ水準の保険・金融グループを目指し、広く国際社会・地域社会への貢献を通じて、海外におけるプレゼンスを高めていきます。

  • 遠見雑誌:1986年創刊の台湾を代表する月刊ビジネス誌。発行部数は約10万部。

1.企業社会責任賞(CSRアワード)の概要

有力ビジネス誌が主催する台湾最大級のCSR表彰制度で、あらゆる業界・企業のCSR活動を対象とする権威ある賞です。明台社が受賞した教育推進部門のほか、地域貢献や環境保護などをテーマとする6つの部門があり、2005年の開始から9回目を迎える今年度は、144件(92社)のエントリーのうち、17件(18社)が受賞しました。

表彰部門および受賞会社一覧

表彰部門 受賞会社
職場健康(職場環境) 台積公司(TSMC)、104資訊科技集團、遠傅電信
教育推動(教育推進) 台灣大哥大、光寶科技、明台産物保険(股)公司
公益推廣(社会貢献活動) 順發電腦、家福(股)公司(カルフール)、富邦金控
社區社群關懷(地域貢献) 南山人壽、永慶房産集團、美商賀寶芙
環境保護(環境保護) 台達電子、巨大機械(Giant)・玉山金控、國泰金控
整體績效(総合パフォーマンス) 台達電子、中國信託金控

2.受賞した「小学校向け安全推進活動」について

  • (1)学校生活に関わる安全意識の向上を促すため、約30分間の音楽劇を上演しています。
  • (2)音楽劇を上演した学校を対象に、学区内の安全地図をオーダーメイドで作成し、配布しています。
  • (3)「学校内の安全」をテーマとして、社員がボランティアで講演を行っています。
  • (4)音楽劇のDVDと教師向けの教育冊子を1,000部作成し、台湾全域の小学校に配布しています。

3.受賞理由

  • (1)保険のノウハウを活用した事故防止活動であること。
  • (2)CSR活動に対する高評価を背景に、台湾全域の学校(幼稚園〜高校)向けの賠償責任保険を引受けるなど、損害保険事業とCSR活動の両立によって大きな成果を挙げたこと。

明台社について、表彰式の様子

1.明台社について

明台社は、1961年に設立され、2005年9月に三井住友海上の100%子会社となりました。台湾でのマーケットシェア4位の大手損害保険会社として、最高品質のリスクソリューションサービスの提供を目指し、現地顧客から日系企業に至るまで幅広く事業を展開しています。

明台社の概要

会社名 明台産物保険(股)公司
(MSIG Mingtai Insurance Co., Ltd.)
設立 1961年9月
資本金 約84億円
本社所在地 台北市
拠点 台湾全土58拠点(2013年3月末現在)
収入保険料 約340億円(2012年度)
従業員数 1,254名(2013年3月末現在)

2.表彰式の様子

5月2日に台北市内で開催された表彰式には、明台社から副董事長の高田が出席し、呉敦義副総統(副大統領)からトロフィーを授与されました。

呉敦義副総統からトロフィーを受け取る高田副董事長(右)

以上