• 2013年4月10日

インド現地法人が、“総合的に最も優れている保険会社
Best Performing Insurance Company Award”を受賞

三井住友海上火災保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)のインド現地法人であるチョラマンダラムMSジェネラル保険会社(以下、チョラMS社)は、貧困世帯を対象とした州政府医療保険「RSBY(※)」の保険金支払対応や普及活動等において、総合的に最も優れている保険会社に贈られる「Best Performing Insurance Company Award 2012」を受賞しました。

今回の受賞は、2011年、2012年の“Best Claims Settlement Award”受賞に続くものであり、RSBYに関する賞を3年連続受賞した企業は、チョラMS社がインド保険業界において初めてとなります。

当社は今後も「世界トップ水準の保険・金融グループ」を目指し、お客さまサービスの品質を向上させ、海外における当社のプレゼンスを高めていきます。

  • RSBY:ヒンドゥー語で「政府医療保障制度」の略 Rashtriya(Indian Govt.) Swastya(Health) Bima(Insurance) Yojana(Scheme)

1.「Best Performing Insurance Company Award」について

RSBYの普及を目的に、各地域での普及促進活動、保険金支払対応および苦情対応が最も優れている保険会社に贈られる、インド国内において非常に権威ある賞です。2013年4月8日には表彰式が開催され、インド政府関係者も数多く参加しました。
インドにおける貧困層対策は、国家の重点施策として取り上げられており、2012年度を初年度とする第12次5ヶ年計画(2012〜2017)「Faster, Sustainable and More Inclusive Growth」においても重点項目となっています。

2.受賞理由

チョラMS社がRSBYの販売を行っている5つの州政府より、その普及活動、迅速な保険金支払い対応、および苦情対応において優れた対応を行っていることが認められたものです。

3.「RSBY」について

RSBYは2008年に開始した貧困世帯を対象としたインド政府による健康保険制度です。
加入者は、登録時に登録料として一世帯あたり30ルピー(約50円)を支払い、病院にかかった際は、年間で一世帯30,000ルピー(約50,000円)を限度に引受保険会社から保険金が支払われます。なお、保険料はインド政府が全額負担し、引受保険会社に支払います。
RSBYの加入は、2012年には3,500万世帯、1.1億人に達しており、現在インド国内で急速に普及が進んでいます。当社も、日本での医療保険のノウハウを活かし現地での販売支援を行うなど、チョラMS社のRSBYを通じてインド国内での幅広い医療サービスの提供に貢献しています。

チョラMS社について、表彰式の様子

1.チョラMS社について

チョラMS社は、インド有数の財閥であるムルガッパグループと合弁で2002年に設立した、当社のインド現地法人です。日系企業はもとより現地顧客の契約も積極的に引き受けており、直近5年で増収率が平均34%を記録するなど、順調に事業を拡大しています。

チョラMS社の概要

会社名 チョラマンダラムMSジェネラル保険会社
(Cholamandalam MS General Insurance Company Limited)
設立 2002年4月
資本金 約45億円
本社所在地 インド チェンナイ市
拠点 インド全国101支店(2013年3月末現在)
収入保険料 約293億円(2012年度)
出資比率 当社26%、ムルガッパグループ74%
従業員数 2,772名(2013年3月末現在)

2.表彰式の様子

4月9日にインド・トリバンドラムで開催された表彰式には当社から10名が出席し、労働雇用省次官から賞状を授与されました。

(写真 前列左より)
チョラMS社 ゴパール(社長)、山根(常勤取締役)、ヴェーダ(営業本部長)

以上