• 2014年2月13日

〜三井住友海上駿河台ビル・駿河台新館〜
生物多様性に配慮した施設評価「いきもの共生事業所®認証」を初取得

三井住友海上火災保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、今般、所有する三井住友海上駿河台ビルならびに駿河台新館において、生物多様性に配慮した施設を認証する「いきもの共生事業所®認証(都市・SC版)」を取得しました。

本認証は、企業緑地における生物多様性保全の普及を目的として、一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会が運営するもので、第1回目となる今回は当社を含めた11の施設が認証されています。当社の認証は、駿河台ビル竣工時からの理念である「周辺環境との調和」を引き継ぎつつ、地域における「緑の拠点」として新しい技術を用いた緑化や地域の生態系保全に取り組み、地域住民との交流を深めていることなどが評価されたものです。

三井住友海上は、今後も生物多様性の保全と持続可能な利用に向けて、「緑のもつ力」を最大限に活かした街づくりに貢献していきます。

1.認証施設について

駿河台ビル(前)と新館(後)

(1)三井住友海上駿河台ビル

住所:
東京都千代田区神田駿河台3丁目9番地
竣工:
1984年3月
敷地面積:
11,970m2(緑地面積5,583m2

(2)駿河台新館

住所:
東京都千代田区神田駿河台3丁目11番地1号
竣工:
2012年2月
敷地面積:
5,417m2(緑地面積1,660m2

2.認証の背景

当社は、1984年の駿河台ビル竣工時から、都心の本社ビルのあり方として「周辺環境との調和」を理念に掲げてきました。その理念と歴史を引き継ぎ、駿河台ビルの改修工事や駿河台新館の緑地管理において、新しい技術を用いた緑化や地域の生態系保全に取り組み、地域住民との交流を深めていることなどが評価されたものです。

駿河台ビルの改修工事

  • 「緑の拠点」として、皇居と上野公園をつなぎ、野鳥等の生息域を広げる「エコロジカル・ネットワーク」の形成を目指しています。
  • 昨年秋にリニュアルオープンした駿河台ビルの屋上庭園。落葉広葉樹の自生種を配置したゾーンを設け、鳥類や昆虫類等の多様な生物を呼びこむ計画です。

駿河台新館の緑地

  • 新館の緑地には、緑化庇やレインガーデンを設置。
    鳥や蝶が好む樹種を選定し、ヤマガラ等の野鳥が見られるようになりました。
  • 新館横には、環境に関する情報発信や地域交流のための施設「ECOM駿河台」があり、地域住民との交流の場として活用されています。

3.いきもの共生事業所®認証(都市・SC版)について

認証ロゴ

(1)制度の名称:
いきもの共生事業所®認証制度(ABINC認証制度)
(2)認証団体:
一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会(ABINC)

※ホームページ:http://www.abinc.or.jp/

(3)認証基準:
一般社団法人 企業と生物多様性イニシアチブ(JBIB) による「いきもの共生事業所®推進ガイドライン」および 「土地利用通信簿®(都市・SC版)」
(4)評価の視点:
  • [1]生物多様性に貢献する環境づくり
  • [2]生物多様性に配慮した維持管理
  • [3]ステークホルダーとのコミュニケーション
  • [4]地域の生態系保全への取り組み

以上