• 2012年10月2日

資産運用事業統合に関する合意について

三井住友アセットマネジメント株式会社
トヨタアセットマネジメント株式会社
トヨタファイナンシャルサービス株式会社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社

三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長兼CEO 前田良治。以下「三井住友AM」)、トヨタアセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 寺﨑 宏。以下「トヨタAM」)、トヨタファイナンシャルサービス株式会社(代表取締役社長 佐々木卓夫。以下「トヨタFS」)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(代表取締役社長 鈴木久仁。以下「あいおいニッセイ同和損保」)、三井住友海上火災保険株式会社(代表取締役社長 柄澤康喜。以下「三井住友海上」)(以下、これら5社を総称して「当事者」という。)は、以下の4点を骨子とする合意をいたしましたので、お知らせします。

合意の骨子

  1. 三井住友AMとトヨタAMは、平成25年4月1日を目処に経営統合を行う。
  2. 当事者は、三井住友AMとトヨタAMの円滑な経営統合に向けて、相互協力を推進する。
  3. 三井住友海上は、平成24年10月31日にトヨタFS保有のトヨタAM株式の全てを取得する。
  4. 三井住友AMは、平成25年4月1日を目処に、あいおいニッセイ同和損保および三井住友海上が保有するトヨタAM全株式を取得する。

経営統合の目的(基本精神)

三井住友AM(株主は、三井生命保険株式会社、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険株式会社、株式会社三井住友銀行の4社)は、約11兆円の資産を運用する国内トップ水準の資産運用会社として、全国に強固な基盤を有しております。これまでも、年金・投資信託分野を中心に卓越した運用商品をご提供し、個人のお客様や機関投資家のお客様の幅広い多様な資産運用ニーズに応えてまいりました。

一方、トヨタFSおよびあいおいニッセイ同和損保の資産運用会社であるトヨタAMは、トヨタグループをはじめ中京圏に強固な事業基盤を有し、トヨタグループ株式ファンドなど特徴ある商品開発力を活かした成長戦略を打ち出してまいりました。

当事者は、三井住友AMとトヨタAMの経営統合により、地域性や商品性などの相互補完関係を活かすことで、国内における事業基盤の飛躍的な拡大と運用・商品開発力の強化、更に、経営におけるシナジー発揮などを通じ、お客様サービスのより一層の向上が行えるとの判断に至り、この度合意したものであります。

また、三井住友AMは、経営統合によりトヨタAMの事業を承継することで、これまでトヨタAMをご利用いただいておりましたお客様への高品質なサービス提供を一層強化し、より身近な資産運用会社として、お客様の満足度を高めてまいります。

経営統合に向けたスキーム

まず、三井住友AMの株主でもある三井住友海上が、平成24年10月31日に、トヨタFSが保有するトヨタAM株式の全てを取得します。これにより、トヨタAMの株主は、MS&ADホールディングスの中核会社である、あいおいニッセイ同和損保と三井住友海上の2社となりますが、現在の商号・商標・商品名を維持したまま、従来どおり、資産運用事業を継続いたします。同時に、トヨタAMは、三井住友AMとの円滑な経営統合に向けた態勢整備に取り組みます。

その後、三井住友AMは、平成25年4月1日を目処に、あいおいニッセイ同和損保および三井住友海上両社が保有するトヨタAM全株式を取得し、子会社吸収方式によりトヨタAMとの合併を行う予定です。

統合準備体制

当事者は、今回の経営統合検討のために設立した統合実行委員会を継続し、円滑な経営統合の実現を図るとともに、同委員会傘下の5社事務局、テーマ別の合併準備部会等を通じて経営統合に向けた具体的な協議・作業を推進してまいります。

経営統合のスキーム、当事会社の概要

経営統合のスキーム

三井住友AM、トヨタAMの合併に向けて以下の通り、段階的な経営統合を進めます。

現在

  • トヨタAM株式は、トヨタFSならびにあいおいニッセイ同和が50%ずつ保有。
  • 三井住友AM株式は、三井生命が5%、住友生命が40%、三井住友銀行が27.5%、三井住友海上が27.5%を保有。

第一段階

  • 三井住友海上が、平成24年10月31日にトヨタFSが保有するトヨタAM株式の全て(発行済み株式の50%)を取得。
  • トヨタAMは、三井住友AMとの経営統合に向けた態勢整備を推進する(資産運用事業は、現在の商号・商品名を用いたまま、従来どおり、継続します。)。

第二段階

  • 三井住友AMは、あいおいニッセイ同和損保ならびに三井住友海上が保有するトヨタAM全株式を取得し、トヨタAMを完全子会社化。
  • その後、三井住友AMは、トヨタAMを子会社吸収方式により合併。

当事会社の概要

商号 三井住友アセットマネジメント株式会社
事業内容 投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業
所在地 東京都港区愛宕二丁目5番1号
設立年 平成14年(2002年)12月
代表者 代表取締役社長兼CEO 前田 良治
資本金 20億円
発行済み株式数 17,640株
主要株主 三井生命保険株式会社:5%
住友生命保険相互会社:40%
株式会社三井住友銀行:27.5%
三井住友海上火災保険株式会社:27.5%
商号 トヨタアセットマネジメント株式会社
事業内容 投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業
所在地 東京都港区海岸一丁目11番1号
設立年 平成2年(1990年)2月
代表者 代表取締役社長 寺﨑 宏
資本金 6億円
発行済み株式数 12,000株
主要株主 トヨタファイナンシャルサービス株式会社:50%
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社:50%
商号 トヨタファイナンシャルサービス株式会社
事業内容 統括会社
所在地 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号
設立年 平成12年(2000年)7月
代表者 代表取締役社長 佐々木卓夫
資本金 785億2,500万円
発行済み株式数 1,570,500株
主要株主 トヨタ自動車株式会社:100%
商号 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
事業内容 損害保険業
所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号
設立年 大正7年(1918年)6月
代表者 代表取締役社長 鈴木 久仁
資本金 1,000億円
発行済み株式数 734,101,352株
主要株主 MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社:100%
商号 三井住友海上火災保険株式会社
事業内容 損害保険業
所在地 東京都中央区新川二丁目27番2号
設立年 大正7年(1918年)10月
代表者 代表取締役社長 柄澤 康喜
資本金 1,395億9,552万円
発行済み株式数 1,404,402,464株
主要株主 MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社:100%

以上