• 2012年5月2日

都内トップクラスの環境性能ビル、三井住友海上駿河台新館が完成

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2013年に予定している本社ビル統合事業の一環として、5月1日から、新たに完成した駿河台新館(千代田区神田駿河台三丁目)の使用を開始しました。

駿河台新館は、最新の省エネ技術を採用した都内トップクラスの環境性能ビルであり、一般オフィスビルのエネルギー消費量と比較して、37.6%のエネルギー削減が可能です。また、災害時における事業継続性の確保のため、高い耐震性と停電・断水等に備える各種設備・システムを有しています。あわせて、周辺住民や帰宅困難者の一時避難場所としても活用できます。

当社では、今後も、環境負荷の低減と、緑あふれる安全で快適なまちづくりの促進を図り、地域の活力向上に貢献していきます。

1.駿河台新館の建築概要

駿河台新館(左)と隣接する駿河台ビル

住所 東京都千代田区神田駿河台三丁目11番地1
用途 事務所、物販店舗、集会場、地域変電所等
敷地面積 5,417m2
延床面積 64,458m2
階数 地上22階/地下3階
高さ 102メートル
工期 28ヶ月(2009年10月〜2012年2月)

2.駿河台新館の主な環境性能

  • (1)太陽光発電
    屋上に最大出力30kWの太陽電池パネルを設置しています。
  • (2)水の再利用
    雨水、雑排水、厨房排水を原水とする排水再利用システムを採用しています。
  • (3)自動調光・点滅制御
    事務所の照明は、明るさセンサーによる自動調光と人感センサーによる自動点滅を行います。
  • (4)DHC(地域冷暖房)施設
    駿河台周辺の大型施設へ空調用の冷水・温水を供給する地域冷暖房施設を設けています。
  • (5)ダブルスキン外装システム・自然換気システム
    ダブルスキン外装(※)により、夏の熱負荷削減と冬の断熱効果向上が期待されます。
  • 建物の外側をさらにガラスで覆い、外壁とガラスの間に設けた空間を換気するシステムです。

3.緑の街区の形成

駿河台ビルの屋上庭園(改修前)

当社は、これまで都心のビル緑化のトップランナーとして、隣接する駿河台ビルの屋上庭園をはじめとする地域の緑化に取り組んできました。駿河台新館の敷地には、生物多様性の観点から鳥や蝶が好む樹種を植栽しており、皇居と上野公園をつなぐエコロジカル・ネットワークの形成を目指しています。また、駿河台ビル改修後の2013年には、二つのビルの総敷地面積17,387m2のうち、7,154m2を緑化(緑化率41.1%)する予定です。

4.地域との交流

駿河台新館横には、環境に関する情報発信や地域交流のための施設「ECOM駿河台」が誕生します。名称のECOMは、『環境:Eco』+『コミュニケーション:Communication』を表現しており、社内公募により決定しました。建物の1階にはオーガニックカフェが入居し、2階はコミュニケーションスペースとして各種イベント等に活用していきます。

以上