• 2012年4月12日

インドにおける大手生命保険会社との戦略的資本提携について

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、インドの有力企業グループであるマックス・インディア・グループ(親会社Max India Limited:ボンベイ証券取引所上場)傘下の生命保険会社、マックス・ニューヨーク生命社(Max New York Life Insurance Company Limited )の発行済株式26%を273億ルピー(約450億円)で取得することに合意しました。今後、インドの保険監督当局等の認可を前提に出資し、同社の経営に参画します。なお、出資後の新会社名は「マックス生命」とする予定です。

今回の出資により、当社の海外保険事業におけるアジア生保市場への進出は5ヶ国目となります。当社は、成長著しいアジア市場における事業基盤の拡大により、今後とも持続的な成長を実現していきます。

1.本件資本提携の概要

当社はマックス・ニューヨーク生命社(非上場)の発行済株式のうち、米国・ニューヨーク生命社が保有している26%分を、インドの保険監督当局等の認可を前提に取得します。この取得割合は、インドの生命保険会社への外資出資割合の上限です。また、当社は本件出資を機に同社へ取締役2名を含む役職員を派遣し、積極的に経営に参画します。当社がこれまで国内外で培った生保事業の各種ノウハウを提供することで、同社の既存顧客である富裕層への生命保険商品の販売に加え、インドに進出する多国籍企業の生命保険・年金保険ニーズの取り込みを図ります。

2.本件資本提携の背景とねらい

  • (1)インド生保市場への進出
    インドは約12億人と世界第2位の巨大な人口を背景に、実質GDP成長率が8%前後で推移するなど、著しい経済成長を続けています。また、生命保険ニーズが旺盛な中間所得層の劇的な増加により、生保市場は過去10年間で年平均24%の急成長を遂げています。一方、生命保険浸透率(GDPに占める生命保険料収入の割合)は4.4%(2010年度)と、日本の2分の1前後で推移しており、若年層の厚い人口構成も考えれば、今後もさらなる生保市場の拡大が期待されます。このような環境の下、当社はインドの生命保険市場への効果的な進出を図るべく検討を重ね、今回の提携合意に至ったものです。
  • (2)アジア生保事業の拡大
    当社の海外事業投資は、成長著しいアジア市場に重点を置いた展開を図り、その結果、アジアの損保業界におけるプレゼンスは外資系損保トップクラスとなっています。生保事業においても、これまでタイ・中国・マレーシア・インドネシアで現地有力生保への出資を行い、各国市場への参入を果たしてきましたが、本件資本提携によってアジアの生保業界におけるプレゼンスも、さらに高まることになります。

マックス・ニューヨーク生命の概要等

1.本件資本提携に伴う株主構成の変動(マックス・ニューヨーク生命)

2.マックス・ニューヨーク生命について

  • (1)概要
    • 時点は2011年3月期。
    • 円表示の数値は、為替レート 1ルピー=1.66円による換算値。
    名称 Max New York Life Insurance Company Limited
    設立 2000年
    登記上の本社所在地 ニューデリー
    従業員数 7,052名
    代理店数 43,692店
    販売チャネル (初年度保険料ベースの構成比)
    専属個人代理店(47%)、銀行窓販(23%)、法人代理店(23%)、その他(7%)
    商品構成 (初年度保険料ベースの構成比)
    伝統的商品(終身等)(57%)、変額保険(43%)
    総保険料 581億ルピー(約965億円、民間生保中6位、シェア6.60%)
    初年度保険料 206億ルピー(約342億円、民間生保中7位、シェア5.24%)
    • ※2012年3月期2月末累計では、民間生保中5位、シェア6.25%
    税引前利益 19.4億ルピー(約32億円)
    ソルベンシーマージン比率 365%(なお、ソルベンシーマージン比率の法定下限は150%)
  • (2)特徴
    • 【1】販売チャネル
      コンサルティング・セールスを行う販売力の高い専属代理店チャネル(1代理店あたりの保険料収入、1契約あたりの保険料とも業界第2位)を主力とするバランスのよい販売チャネルが特徴です。民間大手の銀行との窓販契約を背景に、強力な銀行窓販チャネルも有しています。
    • 【2】商品構成・販売方針
      他の民間生保比で変額保険のウエイトが相対的に低く、伝統的商品(終身等)の占める割合が相対的に高い商品構成となっています。

3.「マックス・インディア社」と「マックス・インディア・グループ」

「マックス・インディア社」は「マックス・ニューヨーク生命」の親会社(株式保有割合70%)で、「マックス・インディア・グループ」の持株会社です。マックス・インディア・グループは、総収入の8割以上を占める主力の生命保険事業のほかに、医療・病院事業や医薬品開発事業等も展開しています。

以上