• 2012年4月6日

香港にて日系損保で初 独立行政法人 日本貿易保険と業務提携

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)の香港現地法人「MSIG香港社」は、2012年3月に独立行政法人 日本貿易保険(以下「NEXI」)と、貿易保険の引受に関する業務提携契約を締結しました。本保険における業務提携契約は、香港の日系損保としては初めてとなります。

本提携によって、香港での日系企業の輸出業務にともなう政治的危険や天災などの非常リスク等をお引受けできるようになります。当社は、2010年12月にシンガポール現地法人が同様の業務提携契約を締結していますが、今回の提携で香港の日系企業の貿易保険ニーズにも応えることが可能となります。

今後も当社は、アジア等における強固なファシリティと本保険の積極的な提案により、日系企業の貿易の活性化に貢献できるよう取り組んでいきます。

1.業務提携の概要

香港での日系企業の輸出業務促進による経済活動の向上に寄与することを目的に、NEXIが国内企業に提供している貿易保険と同様の商品を開発しました。当社の香港現地法人が保険引受を行い、NEXIに出再保険します。

概要図

2.補足説明

  • (1)提携対象商品について
    輸出振興を目的にNEXIが展開する貿易保険のうち「貿易一般保険(個別保険・2年未満)」を提携対象とします。これは、非常リスク(政治的危険や天災などの、輸出契約当事者の責任によらない不可抗力リスク)を主な対象リスクとし、「信用リスク」(取引先の倒産など、取引先の責任に帰せられるリスク)をオプションセットとして引き受ける商品です。なお、個々の輸出契約ごとに個別に保険契約を締結します。
  • (2)貿易保険と輸出取引信用保険について
    民間損害保険会社で販売している「輸出取引信用保険」は、一般的に信用リスクを主たる対象リスクとしている点において、貿易保険と性質が異なります。

以上