• 2011年12月14日

タブレット端末で全商品パンフレットをペーパーレス化

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2011年12月中旬より、全保険商品を対象にタブレット端末を活用したパンフレットのペーパーレス化を開始します。

今回導入するタブレット端末には、専用アプリ「モバイルパンフ」を搭載しており、約300種類(1.5kg相当)の商品パンフレットとチラシ、動画による説明ツールを取り込んでいます。「モバイルパンフ」の導入により、お客さまへこれまで以上にスピーディーで快適な商品の説明や提案が可能になるほか、代理店の利便性向上やビジネスチャンスの拡大も見込まれます。

当社では、今後もお客さまに分かりやすい商品・サービスの提供に向けて、ITサービスを拡充していきます。

1.モバイルパンフの概要

  • (1)「モバイルパンフ」とは
    商品パンフレットやチラシ、動画のコンテンツを簡単に探し出し、表示できる専用アプリです。
    「モバイルパンフ」という名称は、代理店が端末を持ち歩き「いつでも」「どこでも」お客さまに商品の説明や提案ができることを表したものです。
  • (2)特徴的な機能
    タブレット端末に表示されるパンフレットは、簡単に読みやすい文字の大きさに拡大できます。
    また、アプリ上で保険種目をタッチすると、該当するパンフレットのイメージを瞬時に一覧表示することが可能です。
  • (3)導入の効果
    • 〔1〕タブレット端末の豊かな表現力を活かして視覚に訴えることで、お客さまの分かりやすさ向上を実現するとともに、代理店の多様なプレゼンテーションをサポートします。
    • 〔2〕タブレット端末の起動の早さによって、お客さまへのスピーディーで快適な商品・サービスの説明や提案を実現します。

2.地球環境保護への貢献

当社では「ご契約のしおり」をホームページで閲覧できる「Web約款」も採用しており、パンフレットやチラシのペーパーレス化と併せて紙資源を削減し、今後も地球環境保護へ役立つ商品・サービスの提供を目指します。

3.今後の展開について

当社では、既にノートPCやタブレット端末を利用した保険契約方式を採用しており、「モバイルパンフ」の導入でお客さまや代理店の快適性、利便性がさらに向上します。今後、一部の代理店でのテスト使用を経て、全国の代理店へと順次導入を拡大する予定です。また、本アプリのお客さま向け展開などについても検討していきます。

「モバイルパンフ」の画面イメージ

  • 商品パンフレットをスピーディーに表示
  • モバイルパンフトップ画面

以上