• 2011年11月8日

公益財団法人 三井住友海上福祉財団
2011年度「研究助成」および「三井住友海上福祉財団賞」を決定

三井住友海上火災保険株式会社

公益財団法人 三井住友海上福祉財団(理事長:小野田 隆)は、2011年度の研究助成として応募総数174件のうち34件を決定し、11月15日(火)に助成金贈呈式を開催します。また、優れた著作・論文に対し贈呈する「三井住友海上福祉財団賞」として著作1点および論文2点も同日表彰します。

研究助成は「交通安全等部門」「高齢者福祉部門」の2部門で、総額3,304万円を助成します。また、2007年度より開始した海外(シンガポール、タイ)における研究助成では、応募総数24件のうち8件に対して助成を決定しました。「三井住友海上福祉財団賞」の著作・論文3点も含めると、今年度は応募総数212件中合計45件、総額3,748万円の助成となりました。

これにより、当財団の助成実績は、設立以来の累計で総件数1,734件、総金額20億9,248万円となります。今後も、三井住友海上と当財団は、交通社会の健全な発展、高齢社会の福祉増進に積極的な支援を行っていきます。

1.贈呈式開催概要

開催日時:
2011年11月15日(火)13:30〜16:00
開催場所:
住友会館(港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー42階)
出席者:
研究助成対象者、財団賞受賞者、内閣府、選考委員、他財団・社団、
MS&ADインシュアランスグループ役職員、財団役員・評議員等  合計 約80名
記念講演:
公益財団法人神経研究所附属睡眠学センター 研究員 阿部 高志
「眠気による事故の実態調査と関連要因」
国立長寿医療研究センター 認知症先進医療開発センター 研究員 丹下 智香子
「高齢者の死に対する態度:NILS-LSAの調査より」

2.主な研究助成・受賞テーマ

  • (1)研究助成
    交通安全等部門:全8件
    • ドライバーの運転行動を考慮したラウンドアバウトの実用性検証と安全対策に関する研究
      独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所 研究員 武本 東
    高齢者福祉部門:全26件
    • 高齢者の誤嚥性肺炎リスクを評価するための高速MRIによる消化管運動機能解析
      名古屋大学大学院医学系研究科 細胞生理学 准教授 中山 晋介
  • (2)三井住友海上福祉財団賞
    交通安全等部門:論文1点
    • 公益財団法人神経研究所附属睡眠学センター 研究員 阿部 高志
      "Short sleep duration and long spells of driving are associated with the occurrence of Japanese drivers' rear-end collisions and single-car accidents"
      (短時間睡眠・長時間運転と追突事故・車両単独事故との関連性)
    高齢者福祉部門:著作1点、論文1点
    著作:大阪市立大学医学部看護学科 非常勤講師 広瀬 美千代
    「家族介護者のアンビバレントな世界 エビデンスとナラティブからのアプローチ」
    論文:東北大学病院泌尿器科 講師 中川 晴夫
    "Impact of Nocturia on Bone Fracture and Mortality in Older Individuals: A Japanese Longitudinal Cohort Study"
    (夜間頻尿の骨折と死亡率にたいする影響:日本の長期コホート研究の結果)

三井住友海上福祉財団の概要

事務所 〒104-8252
東京都中央区新川2-27-2
設立 1975年9月1日に住友海上福祉財団として発足
2001年10月1日三井住友海上福祉財団と改称
主務官庁 内閣府
理事長 小野田 隆
基本財産 14億2014万円(2011年3月31日現在)
沿革
  • 1975年9月に住友海上社の創業80周年を記念して設立されました。
  • 財団設立以来、交通安全等と高齢者福祉の両分野に対し実施した助成の合計は、今回を含めて1,734件、20億9,248万円となります。
  • 設立当初は、損害保険に関係の深い交通遺児や防災活動で殉職した消防士の遺族等への援護活動が中心でしたが、1980年代に入ってからは、交通安全運動の普及啓発活動への助成に重点を置くようになりました。
  • さらに、わが国の高齢化の進展に伴い、1991年からは高齢者福祉分野へ助成対象を拡大しました。その後も時代の変化に合わせて事業領域を広げており、現在では、交通安全と高齢者福祉への研究助成、施設助成、著作・論文表彰など多岐にわたっています。
  • 2007年度から海外における研究者を対象とした研究助成を開始しました。対象地域は、シンガポール、タイとしております。(2011年度は8件、約354万円)
  • 新公益法人制度の下、2009年12月1日に「公益財団法人 三井住友海上福祉財団」に移行しました。
  • 分野別では、「高齢者福祉」が助成事業全体の約7割を占めています。

以上