• 2011年11月2日

中堅・大企業向け火災保険提案支援システムを開発

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長 柄澤 康喜)は、中堅・大企業向けの包括補償型火災保険商品である「プロパティ・マスター(企業財産包括保険)」の提案支援システム「プロパティ・マスターNavi」を開発し、使用を開始しました。

「プロパティ・マスターNavi」は、保険料の計算を機械化したほか、複数パターンの見積書や申込書の作成をスピーディーに行う機能も有した画期的なシステムです。

本システムの導入により、代理店の事務作業が大幅に軽減されるだけでなく、お客さまへのアプローチから見積り、ご契約までを全て代理店が簡便に行えるようになり、迅速な契約手続きを実現できます。

当社では、今後もお客さまのニーズに応える商品やシステムの開発を行い、お客さま満足度の向上を実現していきます。

1.「プロパティ・マスターNavi」の特徴

  • (1)保険料の自動計算を実施
    これまで手計算で行っていた保険料計算を、料率要素の数値など必要事項を入力するのみで行えるほか、誤った入力をした場合は画面上にエラー表示する機能を有するなど、適正な保険料を簡単かつ確実に算出することができます。
  • (2)契約帳票などの書類を自動作成
    契約の際に必要な申込書や見積書などの帳票を自動印字された状態で発行できるため、代理店の業務が軽減されるとともに記入漏れや記入誤りが減少します。
  • (3)データコピー機能を搭載
    データコピー機能を搭載したため、複数パターンの見積り作成をスピーディーに行うことが可能です。また、作成した入力内容を保存する機能も有しているため、契約の更改手続きもスムーズに行うことができます。
  • (4)作成データを共有
    入力したデータを当社と代理店で共有することが出来るため、お客さまの個別ニーズに対して当社と代理店が連携して対応し、リスク実態にあった商品設計を行うことが可能です。

2.「プロパティ・マスター(企業財産包括保険)」について

  • (1)コンセプト
    「『全ての財産』を『さまざまな危険』から『簡単な手続き』で補償する」をコンセプトに開発された中堅・大企業向けの包括補償型火災保険商品です。
  • (2)商品の特徴
    • 全物件包括補償方式であり、複数物件を包括的に保険の対象とします。そのため全物件の補償内容の統一が図れるとともに保険の付保漏れを防ぐことができます。
    • 財物損害および利益損失を補償するオールリスク補償の商品です。お客さまのリスク実態に応じて個別に商品設計を行うことも可能です。
    • 新たに取得した物件を自動補償とするため、お客さまの事務手続きが削減されます。

以上