• 2011年10月21日

「2011グランプリ・アブダビ」で山岸絵美選手が優勝!

三井住友海上火災保険株式会社

10月16日(日)にUAE・アブダビで開催された「2011グランプリ・アブダビ」に、当社女子柔道部(監督:柳澤 久)の山岸絵美選手が日本代表として出場し、優勝しました。

大会結果詳細

女子48kg級結果

優勝 山岸絵美選手(日本・当社)
準優勝 呉樹根選手(中国)
3位 ジョシネ選手(フランス)
3位 チャン・ジョンヨン選手(韓国)

試合内容

2回戦(初戦)は内股透、3回戦は合わせ技で一本勝と危なげない試合運びで、準決勝に進みました。準決勝は2011年8月に開催された世界柔道選手権(フランス・パリ)で5位の強豪ジョシネ選手(フランス)と対戦し、序盤、内股で有効を取り、最後は背負投で一本勝し決勝戦に進みました。
決勝戦は世界ランキング8位で、昨年のアジア大会で優勝した呉樹根選手(中国)と対戦しました。山岸選手は足車で有効をとり、リードするも指導2による有効をとられ、ポイントが並びました。しかしその後、山岸選手が果敢に攻めると相手が足を直接取る攻撃にでて反則となり、山岸選手が勝利し優勝、金メダルに輝きました。

金メダルを獲得した山岸選手
写真:Tamas Zahonyi/アフロ

以上