• 2011年10月11日

〜Windows7搭載〜 タブレット端末を利用した契約手続きを開始

三井住友海上火災保険株式会社
日本マイクロソフト株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長 柄澤 康喜)は、自動車保険と火災保険の契約手続きをタブレット端末上で完結できる新しいシステムを開発し、11月上旬より使用を開始します。

新しいシステムは、契約の完全ペーパーレス化を実現するとともにオフラインでも手続き可能な機能を有しており、通信環境を問わず契約手続きができます。なお、タブレット端末を使用した保険契約手続きの開始は、損害保険業界では初めてとなります。

また、今回のシステム導入にあたっては、タブレット端末にセキュリティに優れたWindows7搭載のスレートPCを採用するなど、日本マイクロソフト株式会社(社長 樋口 泰行)の協力を得ました。

三井住友海上では、今後も顧客利便性を重視した契約手続きなど、サービスの拡充を図っていきます。

1.新システムの特徴

  • (1)タブレット端末上で契約手続きが完結
    保険料の見積もり、契約内容の確認、契約時の署名など、自動車保険と火災保険の契約手続きが、全てタブレット端末上で完結します。
  • (2)オフライン環境でも使用可能
    本システムはオフライン環境でも動作可能なため、電波状況を気にすることなく、お客さまに広く使用していただくことが可能です。
  • (3)ペーパーレスで契約
    タブレット端末での契約手続きは、紙を一切使用しません。当社では従来から「ご契約のしおり」をホームページ上で閲覧できる「Web約款」を採用しており、本システムの導入で、より一層、紙の使用量削減に取り組み、地球環境保護に貢献していきます。

2.タブレット端末について

新システムでは、セキュリティやシステムとの親和性、導入のしやすさなどの観点から、Windows7 を搭載したスレートPCを採用しました。また、システムの導入にあたっては日本マイクロソフト社から技術情報の提供や検証などの協力を受けています。

3.今後の展開について

当社ではこれまでも、ノートPCを利用した契約方式を導入するなどお客さまの快適性・利便性の向上に努めてきました。今回のシステム導入により、さらに多くのお客さまに分かりやすく簡便な契約手続きを案内することが可能になりました。今後、現在ノートPCを使用している約1万店の代理店、3万人の募集人に加え、今までPCを使用していなかった代理店にもタブレット端末の導入を推奨していきます。

新システムの画面イメージ

<ご契約内容を分かりやすく表示>

<契約時は画面上で署名>

以上