• 2011年9月30日

地震保険中途加入推進システム「地震保険中途セットNavi」を開発

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長 柄澤 康喜)は、地震保険の中途加入をお勧めするシステム「地震保険中途セットNavi」を開発し、使用を開始しました。

本システムは、当社の火災保険契約者のうち地震保険未加入者をリストアップするとともに、地震保険の中途加入をお勧めする案内や見積りを簡単に作成することが出来る画期的なシステムです。

東日本大震災の影響により地震補償ニーズは急激に高まりましたが、本システムの導入によって、より多くのお客さまに地震保険の加入を推奨することが可能となり、結果、当社の地震保険契約件数は対前年比で約30%増加しました。

当社では、今後も損害保険会社の社会的使命を全うすべく、被災者の生活の安定に寄与する地震保険の普及に努めてまいります。

1.新システムの特徴

地震保険中途付帯Navi画面

  • (1)地震保険未加入者のリストアップ
    当社の火災保険に加入されているお客さまのうち、地震保険に未加入の方をリストアップすることが可能です。
    リストは営業所毎や代理店毎に絞り込んで抽出できます。
  • (2)地震保険案内書類一式を作成
    「地震保険のご案内」「見積書」「パンフレット」「申込書の記入例」をクリック一つで簡単に印刷することができます。また、「地震保険のご案内」と「申込書の記入例」の2点は封書DMとして自動的にお客さまに発送することも可能なため、代理店の事務作業効率化にもつながります。

2.開発の背景

本システムは、当社社員の「地震保険の加入を推奨することは保険会社の社会的使命」という思いの結集であり、通常のシステム開発とは異なり、外部システム業者に依頼せず全て当社社員のみで開発しました。

3.活用状況

現在までに約4,000の代理店が本システムを活用しています。また、当社の地震保険契約件数は同システムの活用も一要因となり、前年比で約30%増加しています。(平成23年4月〜8月計)

以上