• 2011年8月26日

「2011世界柔道選手権・パリ大会」で上野順恵選手が銀メダルを獲得!

三井住友海上火災保険株式会社

8月25日(木)、フランス・パリで開催されている「2011世界柔道選手権・パリ大会(8月23日〜28日)に、当社女子柔道部(監督:柳澤 久)の上野順恵選手、阿部香菜選手が日本代表として出場し、上野選手が準優勝しました。また、阿部選手は1回戦の試合中に負傷したため棄権しました。

大会結果詳細

8月25日(木)

女子63kg級結果

優勝 エマヌ(フランス)
準優勝 上野順恵選手(日本・当社)
3位 ファンエムデン選手(オランダ)、ジョルニル選手(スロベニア)

試合内容

上野順恵選手:準優勝
初戦、バレット選手(ベネズエラ)に袈裟固で一本勝すると、2回戦では丁ダウン選手(韓国)に横四方固で、3回戦ではキム・スギョン選手(北朝鮮)に大外刈で一本勝するなど、3試合連続の一本勝で順調に勝ち進みました。準々決勝ではファンエムデン選手(オランダ)との対戦で、延長戦(ゴールデンスコア、以下GS)の末、体落で有効をとり優勢勝しました。
準決勝でも、ジョルニル選手(スロベニア)とのGSになり、上四方固で一本勝しました。
決勝戦は開催地フランスのエマヌ選手と対戦し、アウェーの中での戦いとなりました。試合は激しい組み手争いとなりGSへ突入。GSでも終始攻め続けましたが、ポイントがとれず判定(0-3)で惜敗し、準優勝となり、銀メダルを獲得しました。
阿部香菜選手:1回戦敗退
初出場の阿部選手は、1回戦でエスピノサ選手(キューバ)との対戦となりましたが、背負投を掛けられ手をついた際に、左ひじを脱臼し、棄権しました。

その他

8月21日(日)にフランスで国際柔道連盟(IJF)によるIJF設立60周年記念式典が開催され、上野順恵選手が「現役最優秀女子選手」として表彰されました。

  • 銀メダルを獲得した上野選手
    写真提供:アフロスポーツ
  • 果敢に攻める上野選手
    写真提供:アフロスポーツ
  • 初出場の阿部選手
    写真提供:アフロスポーツ

以上