• 2012年1月6日

〜企業が語るいきものがたりPart5〜
企業の生物多様性保全に関するシンポジウムを開催

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2012年2月23日に、生物多様性に関するシンポジウム「企業が語るいきものがたりPart5」を開催します。

本シンポジウムでは、2010年10月に名古屋で行われたCOP10(生物多様性条約第10回締結国会議)で合意された「愛知目標」および「名古屋議定書」の現状、今年10月にインド・ハイデラバードで開催されるCOP11に関する最新情報を紹介します。また、生物多様性に関して、企業が抱える生物多様性に関する課題とその解決方法など、企業の関心が高い話題について参加者の皆さまと一緒に考えていきます。

当社は、「企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)」への参加をはじめ、生物多様性保全を強力に推進しています。今後も本シンポジウムの開催など、積極的な取り組みを継続していきます。

シンポジウムの概要

主催:
三井住友海上火災保険株式会社
後援:
環境省
特別協力:
企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)
日時:
2012年2月23日(木) 10:00〜16:30
場所:
中央大学駿河台記念館 (千代田区神田駿河台3-11-5)
プログラム:
第1部
COP11の準備状況および企業における課題など (10:00〜12:00)
第2部
企業の具体的な取組みに関する分科会 (13:15〜14:40)
会場 第1会場 第2会場 第3会場
分科会 分科会1 分科会2 分科会3
テーマ 企業と地域との連携について 社内で生物多様性を推進する為に 企業の土地利用を良くする為のツールについて
内容 自治体との協働取組事例について、3つのパターンを紹介します。 社内の推進に悩まれている担当者向けに、JBIBがまとめた『取り組みヒント集』の活用方法を紹介します。 JBIBが開発した『いきもの共生事業所®』推進ツール3点セットの使い方と使用事例を紹介します。
第3部
企業が向かうべき方向について (15:00〜16:30)
  • 企業が抱えるリスク−その解決方法について
  • 企業が向かうべき方向について
  • 質疑応答
参加費:
無料
定員:
200名(先着順)
お問い合わせ先:
三井住友海上火災保険株式会社
総務部 地球環境・社会貢献室 (堀内・藤野)
TEL : 03-3297-4004 FAX : 03-3297-6879
Eメール :kankyokoken@ms-ins.net

以上